VIO脱毛ペディア > 【妊娠中のvio脱毛】もしかして体に悪い!?脱毛できない本当の理由

【妊娠中のvio脱毛】もしかして体に悪い!?脱毛できない本当の理由

VIO脱毛おすすめサロン&クリニックランキング

サロン キャンペーン
全身脱毛の初回無料
詳細はコチラ
100円で【両ワキ&Vライン通い放題】
詳細はコチラ
脱毛ペア割(最大20,000円)
詳細はコチラ
→なんでキレイモが1位?

妊娠中はさまざまなことに気を付ける必要があります。
定期的に通わなければいけない脱毛も、女性にとって大切な時期に悪影響を与えてしまう可能性があるなら心配ですよね。

そうは言ってもムダ毛が気にならなくなるわけではありません。
妊娠中の脱毛と妊娠が分かった時の脱毛サロンとの対応について調べてみました。

妊娠中の身体と脱毛の関係

妊娠中は子宮で赤ちゃんを育てるため、全身にさまざまな変化が起こります。
その変化と脱毛の関係について解説します。

ホルモンバランスによって肌や体毛に変化

妊娠時期はホルモンバランスが大きく変化するため、妊娠前よりも特に肌が敏感になります。
乾燥や肌荒れはもちろん、痛みにも敏感になります。

痛みに敏感になる

光脱毛(フラッシュ脱毛)、医療レーザー脱毛の両方とも妊娠前よりも、脱毛時の痛みが強く出ます。

痛みによる刺激やストレスは母体に悪影響をもたらせます。
瞬間的とはいえ強い刺激は、妊婦に陣痛を誘発してしまう可能性があります。

毛周期が乱れて脱毛効果が出にくい

妊娠中は一時的にうぶげも濃くなります。
ホルモンバランスの乱れによるものなので、産後にホルモンバランスが整えば、元の毛質に戻ります。

毛が成長する周期「毛周期」は脱毛に通う上で重要な周期です。
この毛周期は実は、ホルモンバランスと密接に関係しています

生理前と同様に、妊娠中のホルモンバランスが乱れた状態では毛周期も乱れ、適切な脱毛のタイミングがなくなります。
脱毛の施術をしても、再び毛が濃くなることもあり、脱毛効果が充分に出なくなります。

脱毛サロンでは基本的に脱毛休止

脱毛は妊娠する上で悪影響があるのでしょうか。

妊娠が分かった時点で、部位に関わらずほとんどの脱毛サロンでは脱毛を休止します。
その理由を調査しました。

脱毛サロンが妊娠中に脱毛をしない理由

脱毛の施術自体が妊婦の身体やお腹の赤ちゃんに直接影響するという理由ではありません。
脱毛による肌トラブルや痛みのストレスで母体に負担がかかってしまうためです。

ホルモンバランスによって毛周期が乱れ、脱毛しても効果が得られないのであれば、わざわざ脱毛をする意味がないので、サロン側としてもおすすめできないのです。

威力が強いからやっぱり危険?医療脱毛

医療脱毛も妊娠中には受けることはできません。

医療脱毛で使われるレーザーの光は、レントゲンなどのX線と違い、体内を通りません。
レーザーはあくまで肌、毛穴までです。
エステサロンの光脱毛も同じです。
そのため、脱毛自体が子宮に影響することはほとんどないと言えます

脱毛サロンの脱毛より威力が強い分、痛みと肌への負担は母体に強くあらわれます。
脱毛行為自体の影響はなくても、ストレスは母体の体調にダイレクトに影響します。

vio脱毛は妊娠や出産に影響はある?

デリケートゾーンの脱毛をしたことが、妊娠や出産になにか障害を生むことはありません。
上に書いてあるように、レーザー脱毛も光脱毛も毛穴までの効果しかありません。

ただ、実際には、人体実験ができないこともあり、脱毛が妊婦にもたらす影響は100%安全性が証明できていません。
だからこそ、母体に負担と考えられることは少しでも避けたほうが良いと言えます。

予想が出来ない分、想定外のトラブルが起こる危険性も考えられるので、エステサロンもクリニックも責任をとれないということもあり、脱毛を断っています。

妊娠が分かった時には相談を

すでに脱毛に通っている人は、妊娠が分かった時点で脱毛休止期間を相談してください。

脱毛メニューのあるエステサロンやクリニックではカウンセリング時に、妊娠中の対応や注意事項が説明されます。
妊娠の可能性のある人は、妊娠中の脱毛休止期間に期限があるかなどは確認しましょう。

妊娠のために中途解約した場合、通いきれなかった回数分の料金を返金してくれるのかどうかも、契約前に必ずチェックしておきましょう。

期間が空いても今までの効果は大丈夫?

たとえばすでに脱毛に通っていて、4回施術している場合、途中で休止期間があってもそれまでの効果は変わりません。

4回の脱毛効果を受けた肌状態のまま妊娠期間を過ごすことになります。
「せっかく脱毛したのに、ムダになっちゃうの!?」といらぬ心配はせず、休止したからといって、それまでの効果がなくなるわけではないので安心して再開を待ちましょう。

期間延長が出来るエステサロン、クリニック

妊娠期間中は脱毛を休止しても、コースの期限を延ばすことができるエステサロン、クリニックです。


・ミュゼ
・エピレ
・脱毛ラボ
・TBC
・エターナルラビリンス
・ジェイエステ
・銀座カラー
・キレイモ
・ディオーネ
・シースリー(c3)
・湘南美容外科クリニック

基本的にほとんどの店舗で休会制度を設けているので、あまり心配する必要はなさそうです。

脱毛再開時期はいつごろになる?

脱毛を休止してから再開するまではどのくらいかかるものなのでしょうか?

エステサロンやクリニックでは、産後のホルモンバランスが安定してからというところが多いです。

脱毛サロンのミュゼでは「授乳が終わって、生理予定日に生理が2回は順調にきていること」が条件になっています。
TBCでは妊娠がわかった時から産後2ヶ月まで休止となっています。
具体的な期間があるところはきちんと確認してスケジュールを立てましょう。

育児期間もあるので、なかなか定期的に通うのが難しいかもしれません。
自分のスケジュールが落ち着いて、ホルモンバランスが整ったころに脱毛再開しましょう。

自己処理はしてもいいの?

個人差はありますが、妊娠中は一時的に毛深くなる事が多く、どうしてもムダ毛が気になってきます。
実際には毛の本数が増えたのではなく、ホルモンの変動で毛の色が濃くなるからなのですが、普段は気にならないはずのお腹周りなどが特に気になってきたという人もいます。

妊娠中のムダ毛の自己処理はどのようにすべきでしょうか。

妊娠中の自己処理は肌を傷付けない方法で!

ホルモンバランスの乱れている状態では、脱毛に限らず、自己処理でも肌に負担になります。
出来る限り肌を傷付けず、アフターケアをしっかり行って処理をしましょう。

電気シェーバー

顔にも使える電気シェーバーで処理しましょう。
パナソニックのフェリエシリーズが人気なので、おすすめです。
刃先が丸い2枚刃で肌を傷付けずに、うぶげも根元から処理できます。

処理後は肌をしっかり保湿して、乾燥を防いでください。

アンダーヘアの自己処理を行う場合は下準備と「上から下へ剃る」ことを忘れず、丁寧に行いましょう。
詳しい処理方法はコチラをご覧ください。

休止すべき自己処理方法

妊娠に関係なく、ムダ毛処理は肌を傷付けないことが前提です。
肌を傷付けてしまうムダ毛処理方法は、妊娠中は特に肌トラブルのもとになるのでやめましょう

カミソリ

カミソリは手軽にできる自己処理ですが、必要な角質まで剃り落してしまうため、乾燥や色素沈着を起こす原因となります。

妊娠中は肌が黒ずみやすいため、カミソリでの処理は休止しましょう。

除毛クリーム

除毛クリームは強いアルカリ性のチオグリコール酸カルシウムがムダ毛を溶かします。
クリームが直接胎児に影響することはないですが、妊娠中の敏感な肌には強い刺激となります。

肌表面の毛を溶かすだけなので、毛穴が目立つうえにすぐに元通りに生えてきてしまいます。
効果も仕上がりも充分とは言えないので、あえて妊娠中に使用しないほうがいいですね。

ワックス

粘着力の高いワックスを肌に塗り、乾いたところで一気に剥がし抜きます。
妊娠前よりも肌が敏感な状態のため、痛みや出血など、大きな肌トラブルにつながる恐れがあります。

妊娠を境に肌質が変わることもあるんで、ワックスにかぶれることもあります。

家庭用脱毛器

脱毛サロンでできないなら自宅で、という人は家庭用脱毛器で処理することもあります。
こちらも実はリスクは同じです。

家庭用であっても痛みは発生するので、ストレスがかかります。
脱毛の効果も、妊娠中は一時的となってしまいます。

せっかく脱毛をするのなら、効果のある時に行うほうがお得です。
ホルモンバランスが関係するので、脱毛自体、妊娠中はお休みしたほうが良いです。

不安を取り除いて出産の準備を!

赤ちゃんや子宮に直接の影響はないとしても、脱毛は休止することをおすすめします。
脱毛効果がほとんどないのに痛い思いをしたり、肌荒れなどのストレスを受ける必要はありませんよね。

赤ちゃんはその時その時が大事な時期です。
脱毛は産後、ママになってからまた通えば効果は得られます。
妊娠中は安全な出産を第一に考えて、落ち着いた時間を大事に過ごしてはいかがでしょうか。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
VIO脱毛が安いのは?おすすめは?口コミ人気ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP