VIO脱毛ペディア > VIO部位別 > 【Oライン脱毛の基本ガイド】恥ずかしいのは最初だけ?おすすめサロンを紹介!

【Oライン脱毛の基本ガイド】恥ずかしいのは最初だけ?おすすめサロンを紹介!

VIO脱毛おすすめサロン&クリニックランキング

サロン キャンペーン
全身脱毛の初月分無料
詳細はコチラ
全身美容脱毛コースバリューが1回分無料!
詳細はコチラ
脱毛ペア割(最大20,000円)
詳細はコチラ
→なんでキレイモが1位?

アンダーヘア処理は脱毛エステサロンやクリニックで人気が高まっています。

VIOのなかでもVIラインは見た目でもよくわかる部分なので人気も高いですが、Oライン(お尻のまわりの毛)は自分ではまったく見えない箇所なので、意識したことがない方も多くいるでしょう。

Oライン脱毛で肛門周りのムダ毛をなくすと、ムレの不快感やニオイトラブルを軽減できます。

また、パートナーからは意外とOラインのムダ毛は目立って見えるので、エチケットとして気にしておきたいところ。

ただ、Oライン脱毛は施術時の体勢やスタッフに見られる恥ずかしさや痛みなど、不安が多い脱毛部分です。

そこで今回はOライン脱毛の体勢や範囲・回数・メリットについてまとめて解説します。

画像で確認!Oラインとは?

「Oライン」とは、お尻の穴から直径およそ6センチの肛門周辺を指します。
おしり自体は、範囲には含まれません。

またOラインと一緒に「VIOライン」として取りざたされることの多い「Vライン」はビキニラインと呼ばれる部分で、「Iライン」は大陰唇や小陰唇のまわり(粘膜部分をのぞく)をさします。

Oライン脱毛するメリットは見た目と衛生面!

Oラインは自分でチェックしづらいので自己処理は難しいですが、脱毛すると見た目のキレイさのほか、デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなるというメリットがあります。

具体的にOライン脱毛のメリットをみていきましょう。

ハミ毛を防ぎキレイなヒップラインに

Oライン脱毛をすると露出の多いTバックや、セクシーな水着を着てもムダ毛がはみ出しません。
大胆な下着や水着にチャレンジできるので、オシャレの幅も広がります。

また彼氏の目線では、Oラインに毛が生えていると不潔そうな感じがして意外と気になるもの。
VラインやIラインは、すべて無毛だとびっくりしてしまう人もいるようですが、Oラインに関しては減毛ではなく、「できればツルツルに処理してほしい」と考えている男性が圧倒的に多いようです。
Oラインを脱毛すれば、清潔感が出てパートナーからも好まれるでしょう。

雑菌の繁殖を抑えて清潔に保てる

Oラインのムダ毛がなくなると、汗や排泄物が毛についたまま留めることがなくなります。
Oライン周辺を清潔に保ちやすくなるので、雑菌の繁殖によるニオイやかゆみなどのトラブルを軽減できます。

また、シャワーやウォシュレットでしっかり洗い流せるようになり、スッキリ感の違いを感じることができるでしょう。

Oライン脱毛をするサロン・クリニック選びのコツ

Oラインは自己処理が難しいため、サロンかクリニックで施術するのがおすすめです。
ここからはサロンやクリニック選びのコツを紹介します。

シェービングサービス付のコースを選ぼう

Oライン脱毛はシェービングサービスがあるサロン・クリニックを選びましょう。
脱毛をする際は事前のムダ毛処理が必要ですが、Oラインは自己処理がしづらい部分です。

自分で事前処理をしようとして肌を傷つけてしまうと施術が受けられなくなったり、脱毛によるトラブルを起こしやすくなります。
Oラインの自己処理は危険なので、プロにシェービングしてもらったほうがよいでしょう。

サロンやクリニックによって、シェービングが無料だったり、追加料金が発生したり、シェービング補助を行っていないというケースがあります。
まずは事前カウンセリングで、シェービングについてよく確認しておきましょう。

Oラインの無料シェービングを行っているサロンやクリニックの一例は、つぎのとおりです。

  • ミュゼ
  • 銀座カラー
  • アリシアクリニック
  • リゼクリニック
  • ヴィトレ
  • ピュウベッロ
  • ディオーネ

自己処理するなら電気シェーバーを使おう

自分で事前処理する必要がある場合は、肌に直接刃があたらないタイプの電動シェーバーを使うのがおすすめです。

パナソニック フェイスシェーバー フェリエ 白 ES-WF40-W

I字型電動シェーバーなら、粘膜部分を避けつつOライン周りをスムーズに処理できてベストでしょう。
入浴して汚れをとり肌を温めたあと、床に鏡をおき上にまたがり部位を確認しながら、毛の流れにそってゆっくり処理してください。

うまく処理できない場合は、動画サイトなどで手順を確認するとわかりやすいかもしれません。

Oライン脱毛はVIラインとセットで考えてみる

多くのサロンやクリニックでは、VIOそれぞれの部位ごとにコースを組むより、VIOをまとめたコースを組む方がコスパがよくなります。

VIOそれぞれを別の機会で施術してもらうと、料金だけでなく脱毛サロンに行く手間や施術時の恥ずかしさも余分に増えてしまうことになるので、1回で一気にVIOすべてを施術しておくのがおすすめです。

またOラインの毛が気になる方は、脱毛後さらに周辺のVIラインも気になってくるというケースが多くあります。

Oラインだけ脱毛するよりも、VIラインも合わせて処理をしたほうが見た目や清潔感のメリットもさらに大きくなりますので、VIOコースの施術料金がムリのない範囲ならば合わせて検討してみてください。

サロン・クリニック別!Oライン脱毛の回数・期間

Oライン脱毛に必要な回数・期間の目安はつぎのとおりです。

回数 期間
サロン 毛が薄くなる:6~11回
ツルツルになる:12~18回
1年~3年
クリニック 毛が薄くなる:3~5回
ツルツルになる:6~9回
1年~1年半

※効果実感には個人差があります

Oライン脱毛は、毛周期にあわせて施術していき、最短で1年程度かかります。
回数を重ねるごとにムダ毛が気にならなくなるため、効果を感じるのに必ず1年かかるというわけではありません。

また、Oライン脱毛完了の目安は、自分がどこまでの仕上がりを希望するかで変わります。
完全な無毛状態を目指すのか、毛量が減って自己処理が楽になるくらいか、プランを決める前に考えておきましょう。

↓具体的な脱毛回数や期間を知りたい方はコチラ

Oライン脱毛にオススメのサロン・クリニック

では、実際にOラインのおすすめサロンとクリニックをご紹介します。
Oライン脱毛を早く完了させたいならクリニック、痛みと料金をおさえたいならサロンがオススメです。

オススメのサロンはミュゼプラチナム

100円
≫ミュゼの公式サイト≪

ミュゼの魅力は毎月のお得なキャンペーンと通常コースの安さです。

今月のキャンペーンは、全身美容脱毛コースバリューが1回分無料!
全身脱毛部位はOライン(ヒップ奥)も選べます。

Oライン脱毛の通常プランを契約する前に回数をかせぐ事ができるので、ぜひ試してみてください!

ミュゼは痛みの少ないS.S.C方式の脱毛器を導入しているので、痛みに敏感なOラインにも最適です。
コスパがよくて痛くないOライン脱毛がしたい人は、ミュゼがオススメでしょう。

通常コースも今ならアプリDLで半額!

ミュゼでOラインを脱毛する場合、フリーセレクト美容脱毛コースで「ヒップ奥」を選択する方法と、ハイジニーナ7VIO脱毛コースでVIO全体を処理する方法があります。

いずれもミュゼでの脱毛がはじめての人は、専用アプリをDLすると料金が半額になるキャンペーンを実施しています。

【フリーセレクト美容脱毛コース(ヒップ奥)の料金】
デイプラン(平日12~18時) レギュラープラン(制限なし)
2回 7,500円(1回:3,750円) 9,000円(1回:4,500円)
8回 15,000円(1回:1,875円) 18,000円(1回:2,250円)
12回 22,250円(1回:1,854円) 27,000円(1回:2,250円)

※アプリダウンロード価格です
※価格はすべて税抜です

Oラインのみを脱毛するなら、フリーセレクト美容脱毛コースのSパーツの料金が適用されます。
料金は毛が薄くなるのを感じる8回以上のプランにすれば、1回あたりの料金はほぼ変わりません。

さらにハイジニーナ7VIO脱毛コースを選ぶと、1部位あたりの価格はグッと抑えられます。

【ハイジニーナ7VIO脱毛コースの料金】
デイプラン(平日12~18時) レギュラープラン(制限なし)
1回 7,500円 18,000円
4回 30,000円(1回:1,071円) 36,000円(1回:1,285円)
6回 45,000円(1回:1,071円) 54,000円(1回:1,285円)

※アプリダウンロード価格です
※1回あたりの価格は1部位1回あたりの料金です
※価格はすべて税抜です

ハイジニーナ7VIO脱毛コースは、Oラインを含むデリケートゾーン全体の7パーツを含んだプランです。

1部位あたりの1回の料金は通常よりもパーツごとよりも1,000円近く安くなるので、少しでも気になっているならハイジニーナ7VIO脱毛コースを選ぶのがおすすめです。

↓ミュゼプラチナムのVIO脱毛について、くわしくはコチラもチェック!

オススメのクリニックはアリシア

アリシアは、効果が高い医療レーザーで脱毛し放題をおこなえるクリニックです。

Oライン脱毛 VIO脱毛セット(ビューティ)
5回 27,500円(1回:5,500円) 61,900円(1回:4,127円)
8回 39,600円(1回:4,950円) 92,880円(1回:3,870円)
し放題 52,800円 118,800円

※価格はすべて税込です
※1回あたりの価格は1部位1回あたりの料金です

アリシアは1回の効果が高いと評判のクリニックです。
もともと毛が薄い人なら、「5回で満足できた」という口コミもあります。

また、アリシアで使用している脱毛器「ライトシェアデュエット」は、レーザーのなかでは痛みの少ない機種なので、医療脱毛をするならアリシアが適しているでしょう。

↓アリシアクリニックのVIO脱毛について、くわしくはコチラ

メンズのOライン脱毛サロンならリンクス

Oライン脱毛は男性にも人気ですが、女性が多い脱毛サロンでは気がひけるという場合は、メンズ脱毛専用サロンでの施術がおすすめです。

リンクスはカウンセリングから施術までを、男性スタッフがすべて対応します。
Oラインを女性スタッフに見られたくない男性は、リンクスでの脱毛がオススメです。

通常価格 陰部スッキリプラン
都度払い1回 14,700円
⇒初回半額7,350円
4回保証パス 46,000円 30,000円
8回保証パス 92,000円 60,000円

※価格はすべて税抜です

リンクスの陰部スッキリプランならば、Oラインの施術料金が35%オフの1回7,500円で施術可能です。
9回目以降の施術は、1回分の料金が80%OFFになります。
回数を重ねるごとに1回あたりの施術料金が安くなる計算なので、ツルツルになるまで安心して施術できますね。

また、VIO全体では8回あたりの施術料金が55%OFFの178,000円(1部位1回5,563円)になるキャンペーンも実施中です。
このプランはHP限定で顔(ヒゲ)・首全体が10回分無料でついてくるので、ほかの部位も検討しているならチャンスです!

↓男性のVIO脱毛については、コチラも参考にどうぞ!

Oライン施術は恥ずかしい?Oライン脱毛の体勢・格好は?

Oライン脱毛は、お尻を見せる恥ずかしさがあります。
一般的な人は、肛門付近にすこし濃いめの毛が生えているくらいですが、それでも人に見せるのは抵抗があるでしょう。

施術のために仕方がないとはいえ、恥ずかしいと感じてOライン脱毛に踏み切れない人は少なくありません。

そこで、Oライン脱毛の体勢や恰好について解説しますので、実際の施術をイメージしてみてください。

Oライン脱毛の実際の体勢

Oライン脱毛の体勢は、サロンやクリニックによって異なります。

基本は「うつ伏せで少し足を開いた状態」か「四つん這い」どちらかの体勢で、うつ伏せの方が恥ずかしさを感じにくいです。

事前カウンセリングを受ける際に、施術時の体勢をチェックしておきましょう。

Oライン脱毛の格好は?

施術中の格好は専用の紙パンツを着用して、ガウンタオルを腰に巻き付けた状態です。
紙パンツ(紙ショーツ)をずらして、スタッフがお尻を手で広げて照射します。

施術自体が10~15分程度と短いため、少しの間の我慢です。

最初は恥ずかしいと感じると思いますが、ほとんどの人が回数を重ねるごとに慣れていきます

スタッフは脱毛のプロなので、脱毛される人がはずかしくないように見える範囲なるべく少なくしたり、てきぱきとすばやく対応してくれます。

それでもどうしても抵抗があるという人は、同性のスタッフが対応してくれるサロンやクリニックを選べば、多少なりとも恥ずかしさがまぎれるでしょう。

↓スタッフは実際どう思ってる?恥ずかしいときの対処方法はコチラ

恥ずかしい!もしおならが出てしまったら?

じつは、Oライン脱毛中におならが出てしまう人は少なくありません

おならは生理現象のため、たとえ出てしまっても気にする必要はありません。

施術スタッフはマスクをしているため、ニオイについてはさほど心配しなくてもよいでしょう。

施術中に絶対おならしたくない!という方は、Oライン脱毛前の食事に気をつけてみてください。

食物繊維を多く食べると腸でガスが発生しやすくなり、肉類は腸内で発酵しやすく、臭いおならの原因となります。
また施術直前は、ガスによっておならが出やすくなるので、炭酸飲料を控えましょう。

Oライン脱毛の痛みは我慢できる?

Oラインはデリケートなため、腕や脚に比べると痛みを感じやすい部分です。
とくに粘膜近くは痛みを感じやすく、「まったく痛くない」という人は少ないでしょう。

痛みには個人差があるものの、Oライン脱毛で我慢できないほどの痛みに悩まされる心配はありません。
痛みが強い場合は脱毛器の出力を下げるなど、スタッフが臨機応変に対処してくれます。

医療レーザーはサロンの脱毛器よりも出力が高いため、痛みが強くなります。
クリニックは「笑気ガス麻酔」や「麻酔クリーム」といった麻酔を使って脱毛ができるものの、なるべく痛みを感じたくない人はサロンがオススメでしょう。

ある程度の痛みを覚悟できるなら、1回の効果が高いクリニックでの施術も検討の価値ありです。
医療機関のなかにも、アリシアのように痛みの少ないタイプのマシン「ライトシェアデュエット」や「メディオスター」を導入しているクリニックもあります。

↓サロン・クリニック別に痛みをチェック!

トラブルを避けるためにはアフターケアにも気を使おう

脱毛後のお肌は、施術の熱エネルギーによって負担がかかり、とてもデリケートになっています。
サロンやクリニックの指示にしたがい、アフターケア対策もおこなっていきましょう。

照射後の肌は熱がこもっています。
体温があがるとチクチクやかゆみの症状がでやすくなるので、施術当日は激しい運動や飲酒、湯船につかるなどの行為はさけ、たっぷり保湿することを心がけましょう。

Oライン脱毛の体験談

実際にOライン脱毛をした人の体験談を紹介します。

最初は恥ずかしいなと思っていましたが、ほんとあっという間に終わります。 Oラインの範囲って小さいので、10分もすれば終わるんですよ。施術中はスタッフさんが手で私のお尻をグイッと広げている状態なので、端から見たら結構恥ずかしい状態だと思います。最初「うわっ」と思うけど、一瞬だし、エステティシャンの方も淡々としているので恥ずかしさは少なかったです。
スタッフが「痛くないですか?」と様子を見ながら照射してくれます。痛ければ脱毛照射のパワーを調節してくれたりササッと終わらせてくれたり気を使ってくれます。それでもOスポットの付近はピリッとした痛みがありましたが、一瞬なので大丈夫でした。濃い毛が生えている部分は若干チクっとしますが、くすぐったい感じが近かったかな。

気になる恥ずかしさと痛みは、あまり心配する必要がないという意見が目立ちます。
Oライン脱毛をしてみると、「思ったほど恥ずかしくなかった」「すぐに慣れてしまった」と感じる人が多いようです。

案ずるより産むが易しで、気になっているなら思い切ってOライン脱毛をしてみてはいかがでしょうか。

Oライン脱毛の要チェックポイント

Oライン脱毛をする前にチェックしておきたいポイントには、どんなことがあるでしょうか。

痔があると施術できない

痔を患っているときは、Oライン脱毛ができません。
理由は、痔だと周辺の皮膚に炎症が広がっていたり、肌が敏感になっているため、照射が強い刺激になってしまうからです。

切れ痔やイボ痔、穴痔などの種類や程度に関わらず、施術は断られます。
少しでも異常がある状態のOラインは施術ができないため、まずは治療に専念しましょう。

治療法としては、肛門科を受診したり、軽微であれば市販薬でも対応可能です。
あわせて十分な排便時間をとるなど生活習慣を見直したり、食物繊維たっぷりの食生活を意識して便秘を解消するなどの予防法も必要でしょう。

痔とまぎらわしい「スキンタグ持ち」の施術はOKの可能性アリ!

痔と似たような症状として、「スキンタグ(肛門皮垂)」があります。

スキンタグは、肛門の皮膚がたるんでおこる症状です。
痔などが原因で肛門が腫れてふくらんだあと、炎症がひいても伸びた皮膚が戻らず、皮膚がたるむことによっておこります。
女性は、出産後になることも多いようです。

炎症自体はおさまっているため、Oライン脱毛の施術ができる可能性はありますが、施設によって対応可否は違ってくるため、カウンセリング時に確認しましょう。

スキンタグは手術して治すことも可能ですが、小さいものなら放置していても問題にはならないようです。
スキンタグはいぼ痔と間違われるケースも多いため、気になる方は、いちど専門医を受診してみることをおすすめします。

Oライン脱毛をしないと後悔する?逆にOライン脱毛して後悔することもある?

多くの脱毛サロンがVIOをセットにしていますが、なかにはOラインを施術せずに後悔したという人もいます。
またOライン脱毛は、大抵の方はすべて脱毛して無毛状態(ハイジニーナ)にするものですが、契約回数などの制限から薄くなった時点でやめてしまい、あとから後悔するパターンもあるようです。

他に後悔するケースとしては、VとIラインだけ施術し、後でOラインを追加で施術して割高になった、という場合です。
また、Oラインは痛いと思い込んで施術しなかったというケースもあります。

個人差はありますが、Oラインは比較的毛量が少ないので、強い痛みも数回の我慢です。

そのため、VとIラインを脱毛するなら、Oラインも一緒に施術したほうが後々後悔せずに済むでしょう。

逆にOラインを脱毛して後悔したという人は、ほとんどいないようです。
無毛になることの違和感やインパクトも、Vゾーンやビキニラインのようにはありませんし、肛門まわりのアンダーヘアはムダ毛以外のなにものでもありません。

黒ずみがひどすぎると施術できない

Oラインの黒ずみがひどすぎる場合は、脱毛できない可能性があります。
脱毛器は黒い色に反応するため、肌トラブルや火傷をおこす恐れがあるためです。

とはいえ、Oラインはトイレットペーパーで拭く摩擦や、体重の圧迫で刺激を受けやすいため、誰でも少なからず黒ずみがある部分です。
一般的な範囲の黒ずみであれば、問題なく脱毛できますが、ムダ毛と同じくらい激しい色素沈着をおこしている場合は、脱毛できない可能性があるためカウンセリングで相談してみてください。

カミソリなどで自己処理をすると、黒ずみの原因や傷の原因になるので、必ずサロンやクリニックで脱毛をするようにしましょう。

色素沈着がひどく施術を断られてしまった場合には、「メディオスター」や「ジェントルYAG」のように色黒肌でも照射可能なマシンを導入しているクリニックを探してみるのもひとつの方法です。

両方のマシンにプラスして、痛みが少ない「ライトシェアデュエット」も備えてあれば、毛質や肌質などによって使い分けて脱毛しています。

Oライン脱毛を自宅でする方法

「どうしても施術が恥ずかしい」という場合は、Oライン脱毛をセルフでおこなう方法もあります。
Oラインは見えづらい部分のため、セルフ脱毛は細心の注意をはらっておこないましょう。

家庭用脱毛器・ケノン

ケノンはサロンと同等の光脱毛ができる家庭用脱毛器です。
自宅で光脱毛がおこなえるため、手軽で効果的という特徴があります。

とはいえ、見えない部分の照射は火傷や肌トラブルをおこすリスクがあるので、ケノンのメーカーはOラインへの照射を推奨していません。

自己責任でケノンを使う場合は、使い捨てのパンツを用意して、デリケートな部分を保護しながらおこなうようにしてください。

ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは、ワックス剤で一気に毛を引きはがす方法です。
毛根から処理できるため、見た目がきれいで2~3週間ほど効果が持続するメリットがあります。
ブラジリアンワックスのやり方は、脱毛箇所にパウダーをはたいてからワックスを塗り、ストリップス(不織布)を貼って引きはがします。

ブラジリアンワックスのデメリットは、目に見えないため脱毛時の体勢が難しいことはもちろん、痛みや肌ダメージが大きい点です。
毛をムリやり引き抜くため強い痛みがともない、毛穴が炎症をおこしやすいのです。

頻繁に処理を繰り返していると、埋没毛になって毛穴が黒くポツポツしてしまう恐れがあります。
ブラジリアンワックスで毎回セルフ脱毛をするのではなく、緊急用の方法として考えておくとよいでしょう。

Oラインの自己処理は禁止!

Oラインの自己処理は、ケガやトラブルの危険が高いため控えましょう。
自分で直接お尻の穴周辺が見られないため、カミソリや毛抜きなどで傷つけてしまうと大きなトラブルにつながりかねません。

Oラインは排泄物がついていたり、不衛生になりやすい部分です。
自己処理で負った傷口から雑菌が繁殖して、炎症やトラブルをおこす可能性が高いのです。

また、塗るだけでムダ毛が処理できる除毛クリームも、デリケートなOラインの処理に使えません。
脱毛クリームの毛を溶かす成分が、デリケートゾーンには刺激が強すぎるためです。

もし自宅でOゾーンのムダ毛手入れをしたい場合には、ブラジリアンワックスや家庭用脱毛器といったセルフ脱毛を検討してみてください。

Oラインはプロに任せてキレイに脱毛しよう

いかがでしたか?
Oラインは自己処理がしづらい部分のため、プロによる脱毛がオススメです。

お尻まわりのムダ毛は普段あまり意識しないため、脱毛の必要性を感じにくい部分です。
とはいえ、下着や水着姿になったときに、自分からは見えないけれど周囲からはしっかりと見られているかもしれません。
モサモサのOラインのままでいるよりは、たとえ一瞬恥ずかしい思いをしたとしても、しっかり脱毛してもらったほうがよほど恥ずかしくないし、建設的なのではないでしょうか。

Oライン脱毛は見た目だけでなく、臭いやかゆみトラブルを解消できるメリットがあります。
自己処理でトラブルをおこして後悔してしまう前に、脱毛でキレイなOラインを手に入れてください。

↓Vライン脱毛については、コチラもチェック!


↓Iライン脱毛については、コチラもチェック!

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
VIO脱毛が安いのは?おすすめは?口コミ人気ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

vio脱毛ユーザー満足度順!
脱毛サロン人気ランキング

PAGE TOP