VIO脱毛ペディア > デリケートゾーンのケア > デリケートゾーンのかゆみの原因・対処法!効果がある市販薬とは?

デリケートゾーンのかゆみの原因・対処法!効果がある市販薬とは?

VIO脱毛おすすめサロン&クリニックランキング

サロン キャンペーン
全身脱毛の初月分無料
詳細はコチラ
ワキV通い放題+最大8ヵ所1回分が100円!
詳細はコチラ
脱毛ペア割(最大20,000円)
詳細はコチラ
→なんでキレイモが1位?

実は半数近くの女性が、デリケートゾーンのかゆみに悩まされているという調査結果があります。(※)

汗をかいてムレたり、生理中にナプキンがこすれたりして、アソコがかゆくてどうしようもない!という経験をしたことがある人も多いはず。

とはいえデリケートゾーンの悩みは、女性同士でも相談しづらいものですよね。
そこで今回は、デリケートゾーンのかゆみの原因と対策について解説します。

デリケートゾーンに対する悩みはこっそり解決しちゃいましょう!

(※)2016年 20〜60代女性 小林製薬調べ

デリケートゾーンのかゆみの原因とは?

デリケートゾーンのかゆみは、原因によって対策やケア方法が異なるため、自分のかゆみがなぜ起こっているのかを突き止めることが大切です。
そこで、デリケートゾーンがかゆくなる原因について解説していきます。

刺激によるかぶれ

デリケートゾーンのかぶれは、正式には「接触性皮膚炎」といい、外部からの刺激によって起こります。
デリケートゾーンのかゆみを引き起こす外部刺激は、おもに「衣類による摩擦・こすれ」「洗い過ぎ」の2つが原因です。

衣類による摩擦・こすれ

デリケートゾーンは皮膚が薄く、かぶれやすいので締め付けの強い下着やパンツを身に着けていると、デリケートゾーンが圧迫されたりこすれたりするため、かゆみが起こります。

とくにアトピー・アレルギー体質がある方は、デリケートゾーンに直接触れる下着やシートの素材が肌に合わず、かぶれを起こしているケースがあります。

なかなかかゆみが治まらない場合は、肌に触れるアイテムを見直してみてください。

洗い過ぎ

デリケートゾーンを清潔にしようと洗い過ぎてしまうと、かえってかゆみが悪化する恐れがあります。
ごしごしと強く洗ってしまうことで、皮膚が刺激を受けてしまうのです。

しかし洗い方が不十分でも、雑菌が繁殖しかゆみをおこす可能性もあります。

そのため、デリケートゾーンはやさしく丁寧に、でもしっかりと洗う必要があります。
ちなみに膣のなかは自浄作用があるので、シャワーで流す程度で構いません。

湿気が多く蒸れている

デリケートゾーンは、蒸れやすい条件が揃っている部位です。

「デリケートゾーンのムレ+体温の温かさ」によって、高温多湿の環境を生み出してしまうと、雑菌が繁殖しやすくなりかゆくなってしまいます。

デリケートゾーンがムレる主な原因は次の2つです。

下着に覆われている

デリケートゾーンは常にショーツやストッキング、パンツなどの衣類に覆われているため、かなり蒸れやすくなっています。

また、生理のときはナプキンやシートで覆うため、さらに湿気を逃がしにくい状態になります。

汗や分泌物が多い

デリケートゾーンにはエクリン腺・アポクリン腺という2つの汗腺が密集しているため、ほかの部位よりも汗をかきやすくなります。

また、デリケートゾーンはおりものや経血も出るため、湿度が高くなりがちです。

肌が乾燥している

デリケートゾーンの乾燥が原因で、かゆみを強めているケースがあります。
乾燥状態の肌は敏感で、外部からの刺激を受けやすくなるためです。

もともとデリケートゾーンは水分を保持する力が弱く、乾燥を起こしやすい部分です。

乾燥状態のままデリケートゾーンを放置していると、免疫力が弱まり雑菌の繁殖によるかゆみを引き起こす恐れがあります。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると肌が敏感になるため、デリケートゾーンのかゆみを感じやすくなります。
ホルモンバランスが乱れる原因は、以下のようなケースが考えられます。

加齢・更年期

年齢を重ねるごとに、女性ホルモンが減っていきます。
とくに更年期にさしかかると、膣のうるおいがなくなることで膣炎をおこし、かゆみを感じるケースがあります。

さらに加齢によって肌が乾燥しやすくなるため、今まで以上のケアが大切です

妊娠

とくに妊娠初期は「妊娠性掻痒(にんしんせいそうよう)」といって、半数以上の女性がかゆみを感じます。

妊娠によるホルモンバランスの変化でおりものが増えて、蒸れた状態が続くため、カンジダ膣炎を起こしてかゆみを感じることもあります。

生理

生理時は、ホルモンバランスの影響でとくに肌が敏感になっている時期です。
ナプキンや経血で蒸れやすく、かゆみを感じやすいでしょう。

生理前後もおりものの量が増えて蒸れやすくなっていますので、こまめにナプキンを取り換え、清潔を保つことを心がけましょう。

免疫力の低下

体調不良やストレスで免疫力が落ちている状態は、デリケートゾーンにかゆみやかぶれを起こしやすくなります。

抗生物質の服用で善玉菌が弱まる

体調不良で抗生物質を服用していると、デリケートゾーンのかゆみが強まる可能性があります。

抗生物質は悪い菌だけでなく、デリケートゾーンを清潔に保つ役割をしている善玉菌まで弱らせてしまうので、かゆみを起こしやすくなってしまうのです。

かゆみを伴う感染症などの病気

慢性的に強いかゆみがある、痛みがある、ニオイが気になるという場合は、性感染症を含むなんらかの病気の可能性もあります。

デリケートゾーンの粘膜は、とくにバリア機能が低く、ウィルスが入り込みやすい部分です。
デリケートゾーンは高温多湿で雑菌やカビが繁殖しやすいうえ、エサとなる皮脂や汚れが溜まりやすい部分のため、病気になる可能性があります。

デリケートゾーンにかゆみを伴う、主な病気は以下の通りです。

カンジダ膣炎

原因
  • 身体の免疫力が落ちているとき(風邪、疲労、ストレスなど)
  • 石鹸で陰部を洗いすぎたとき
  • きつい下着の着用
  • 抗生物質の服用
  • 妊娠
  • 糖尿病
発症部位 膣、膣周辺
特徴
  • 膣や周辺のかゆみ
  • 粘度が高く、白い酒粕状のおりもの
  • 膣外部の発疹
  • 排尿時、性交時の痛み


もともと人の体内に存在しているカンジダ真菌(カビ)が原因で起こる病気です。
カンジダ菌は、健康な女性でも口の中、消化器官、膣などに存在しています。
性感染症と勘違いされがちですが、性病ではなく、また感染するものでもありません。

膣トリコモナス症(トリコモナス膣炎)

原因 トリコモナス原虫が膣内で増殖して起こる性感染症です。
おもに性交渉を通じて発症します。
発症部位 膣、外陰部
特徴
  • 悪臭のある黄緑・黄色いおりものが多く出る
  • 排尿時、性交時の痛み
  • 尿道や膀胱に炎症を合併する可能性もある

性器クラミジア(クラミジア感染症)

原因 「クラミジア・トラコマティス」という細菌に感染し発症する病気です。感染者との粘膜同士の接触、精液、膣分泌液などを介して感染します。
発症部位 膣、外陰部
特徴
  • 子宮頸管に感染し、子宮頸管炎を起こすことがある
  • おりものが増える
  • 不正出血がある
  • 下腹部痛
  • 性交時の痛み


クラミジアは、発症しても女性の半数以上がまったく自覚症状がない病気です。
感染したことに気づかず放置していると、卵管炎を起こし、子宮外妊娠や不妊症の原因にもつながります。

性器ヘルペス

原因 単純ヘルペスウイルスによって引き起こされ、すべての性交渉により感染。通常は免疫力で守られていますが、免疫が低下すると発症しやすくなります。
発症部位 女性の場合:外陰部、膣の入り口、尻、太ももなど
男性の場合:亀頭(ペニスの先端)、包皮、陰茎体部など
特徴
  • 患部の表面にヒリヒリ感、むず痒さを感じる
  • 2〜10日ほど経つと痒みを伴った赤いブツブツや水ぶくれができる
  • 水ぶくれが破れると皮膚がただれたような状態になる
  • 排尿時の痛み

毛じらみ症

原因 人に寄生するシラミのうち、おもに陰毛に寄生するのがケジラミ(寄生虫)です。原因はほとんどが性交渉による感染です。直接接触による感染力が非常に高く、ケジラミが寄生している人との性行為による感染率はほぼ100%といわれています。
発症部位 陰毛部分
特徴
  • 陰毛部分の痒み(最初は軽い痒み、ケジラミが増えるにしたがって徐々に痒みが強くなっていく)


ケジラミは養分として取り込んだ血液を消化し排泄するため、下着に便が付着します。
白い下着を着けておくと、茶色い便が付着しているかどうかひと目でわかり、毛じらみに感染していると判断できます。

いんきんたむし

原因 「白癬菌」という真菌(カビ)による皮膚感染症です。白癬菌は水虫と同じ原因菌で、体のどの部位に感染したかによって病名が変わります。股間やお尻に感染したものを「いんきんたむし」と呼びます。10代後半~20代の男性に多いとされていますが、性行為を介して、女性にもうつる病気です。
発症部位 性器周辺
特徴
  • 赤いブツブツ、痒み、痛み
  • カサカサして皮がむける、黄色い水ぶくれができる


ブツブツが輪状に広がり、周囲にも同じブツブツが出てきますが、これができている皮膚と健康な皮膚の部分に明確な境目ができている場合は、白癬菌に感染している可能性が高いです。

その他の病気

上記のほか、

外陰炎、カンジダ外陰腟炎:外陰部にかゆみや腫れ、痛みなどがあらわれる
萎縮性膣炎:膣と外陰部の組織が萎縮することで、乾燥・かゆみなどの不快症状が起こる
細菌性腟炎:においの原因となることが多い

なども、デリケートゾーンのかゆみの原因となる病気です。

デリケートゾーンのかゆみの原因には性感染症の可能性もありますので、疑われる症状がある場合はパートナーと一緒に病院を受診するようにしましょう。

とはいえデリケートゾーンのかゆみの原因は病気以外のことが多いので、すぐに病気を疑う必要はありません。
かゆみのほかに、痛みやただれ、おりものの変化を感じた場合は病気の恐れがあるため、産婦人科や皮膚科を受診してみてください。

デリケートゾーンをかきむしる事で起こるトラブル

我慢できないほどのかゆさに、つい掻きむしってしまったということもあるでしょう。

掻いて一時的にかゆみが治まったとしても、症状をますます悪化させたり、新たな悩みが増えることにもなりかねません。

患部を掻きむしってはいけない理由には、おもに次の2点があります。
かいてしまう前に、ぜひ知っておいてください。

ニオイの原因になる

患部をかきむしると、肌の表面を保護している角質層がはがれ落ちます。
その結果、正常なバリア機能が失われ、雑菌が繁殖してニオイの原因になります。

とくにある程度年齢を重ねると、女性ホルモンの分泌量が減少し、肌が刺激に弱くなっていくため、デリケートゾーンのニオイがさらに強くさせてしまうことがあります。

黒ずみの原因になる

皮膚をかきむしると、刺激によってその部分にだけ皮膚のメラニン色素が活発に生成されるようになります。

そのため、かきむしった部分にメラニン色素が集中し、デリケートゾーンが黒ずむ原因になります。

雑菌が入りやすくなる

かきむしり傷ついてしまった皮膚の傷口から、表面に付着している雑菌が侵入しやすくなります。

それが原因で、すでに発症しているかゆみとに加えて、さらにかゆくなるという悪循環に陥りがちです。

デリケートゾーンのかゆみ対策方法

デリケートゾーンは部位的に雑菌が繁殖しやすいうえ、かぶれ・ムレ・乾燥もしやすいため、かゆみを引き起こす条件が揃っています。

そこで、デリケートゾーンのかゆみを抑える対処法を見ていきましょう。

デリケートゾーンを清潔に保つ

デリケートゾーンを清潔に保ち、かゆみの原因を取り除くようにしましょう。
汗や皮脂、経血などを放置していると、蒸れやすいうえ、雑菌を繁殖させてしまいます。

デリケートゾーン専用石鹸でやさしく丁寧に洗う

デリケートゾーンをやさしく洗うようにしましょう。
擦りすぎは肌の刺激となるため、石鹸をよく泡立てて、やさしく洗ってください。

使用する石鹸は、一般的な石鹸だとデリケートゾーンに刺激が強すぎるため、肌にやさしいデリケートゾーン専用石鹸を使用しましょう。
デリケートゾーンに使用できる石鹸では、デオシークがオススメです。

デオシーク

価格 【通常購入】
クリーム+サプリメント:6,980円
ボディソープ:4,980円
3点セット:4,980円(初回購入)
【定期購入】
3点セット(クリーム2本+サプリメント+ボディソープ):8,980円
成分 パラフェノールスルホン酸亜鉛、イソプロピルメチルフェノール、紅藻、シャクヤクセキス、グリコシルトレハロース、水添デンプン分解物濃混合液等
特徴 クリーム、ボディソープ、サプリメントの3点セットにより、体の内外から徹底的にニオイにアプローチ。
制汗、殺菌、抑臭のデオドラント効果と、乾燥を防いで潤いを保つスキンケアを両立させてくれます。


デオシークは、さまざまな原因で起こるニオイに対し、効果が期待できるよう開発されたデオドラントケアブランドです。

デオシーク3点セット(クリーム、サプリメント、ボディソープ)の継続使用で、最大96%までニオイを削減できたという検証結果が報告されています。

有効成分のパラフェノールスルホン酸亜鉛は、強い収れん作用がありますが、刺激は少ないので、肌が弱い人でも使用できる成分です。
汗に含まれるタンパク質が、このパラフェノールスルホン酸亜鉛と反応して金属塩をつくり、汗の出口にふたをすることで、汗を抑える効果があります。

イソプロピルメチルフェノールは抗菌効果と体にやさしい殺菌作用があります。
ニオイの原因である雑菌をしっかり殺菌してくれます。

また、すべての製品が国内工場で製造されており、品質管理にも徹底的にこだわっています。
検査は複数の第三者機関で行っているので、安心して使えるのがオススメです。

薬局で買える市販薬を使う

かゆみ対策には、デリケートゾーン専用の市販薬を使う方法もあります。

かゆみを素早く鎮めることで、掻きすぎによる刺激や炎症で二次的なかゆみをおさえてくれます。
市販のかゆみ止めはフェミニーナ軟膏S(第二類医薬品)がオススメです。

【第2類医薬品】フェミニーナ軟膏S 30g

フェミニーナ軟膏Sは非ステロイド剤で、デリケートゾーンの蒸れやかぶれによるかゆみをおさえてくれます。

また、ベタつきの少ないクリームタイプのほか、さらっとした使い心地のジェルタイプ、直接手で触れずにスプレーできるミストタイプがあります。

蒸れが気になる場合はジェルタイプを使ったり、生理中は直接塗る必要がないミストタイプを使うなど、用途別に使い分けられます。

再発した膣カンジダ用の錠剤もある

フェミニーナは膣カンジダ錠も販売しています。

【第1類医薬品】フェミニーナ 腟カンジダ錠 サラサーティコットン100 おまけ付 6錠 ※セルフメディケーション税制対象商品

カンジダは再発しやすく、体力の低下が原因でおこるため、市販薬でケアできる魅力は大きいでしょう。

フェミニーナ膣カンジダ錠は、再発したひと専用です。
カンジダ膣炎にはじめてかかったひとは、購入できないので婦人科を受診してください。

疲れやストレスをためない

身体の抵抗力や免疫力が落ちると、肌が敏感になりやすいため、疲れやストレスを溜め過ぎないようにしましょう。

抵抗力が低下したときは、膣カンジダ症などの感染症にもかかりやすくなります。

デリケートゾーンのかゆみ対策として、十分な睡眠をとり、ストレス発散を心がけてください。

肌刺激の少ない衣類を身に着ける

ゆったりとして、通気性のよい衣類を身に着けるようにしましょう。
とくにデリケートゾーンと常に触れている下着は、締め付けが強いものだと摩擦やこすれをおこして、かゆみを感じやすくなります。

ナイロンなどの化学繊維も肌のかぶれを引き起こすことがあるので、綿やシルクなどの天然素材の下着を身に着けるようにしてください。

ナプキンをこまめに取り換える

衣服だけではなく、生理中はナプキンをこまめに取り換えるようにしましょう。
長時間つけ続けていると雑菌が繁殖しているため、ニオイやかゆみを引き起こしてしまいます。

ナプキンの汚れがわずかであっても、つけっぱなしにしないほうが清潔を保つことができます。

軽いかぶれ程度の場合は、ショーツやナプキンが肌に合っていない可能性があるため、使用する製品を替えてしばらく様子をみるとよいでしょう。

VIO脱毛をする

VIO脱毛をすると蒸れが軽減されるため、かゆみ対策としてオススメです。
デリケートゾーン部分の通気性がよくなり、ムダ毛かなくなることで清潔を保ちやすくなる衛生的なメリットがあります。

逆にアンダーヘアがなくなることで、ショーツとの摩擦によるかゆみを感じたり、脱毛途中は毛がチクチクしてかゆくなるケースもあります。
肌にやさしい素材のショーツに変えることで、脱毛によるかゆみをおさえられるでしょう。

脱毛サロンのミュゼではVラインが無制限で脱毛できるお得なキャンペーンも実施中なので、Vラインだけでも脱毛してしまうのがオススメです。

▼色々なサロンを比較!vio脱毛にオススメのサロンとは?

ケアアイテムで乾燥やムレを抑える

ケアアイテムによって、かゆみの原因であるムレや乾燥対策をする方法もあります。
デリケートゾーンの乾燥やムレを抑えるオススメのケアアイテムは、以下のとおりです。

ベビーパウダー 汗をおさえてムレを対策
ワセリン 保湿効果があり乾燥を対策
オイル商品
(馬油、ココナッツオイル、アロマなど)

いずれも肌にやさしい成分でつくられているため、デリケートゾーンのかゆみ対策として使用できます。

かゆみ対策に使えない市販商品とは?

いっぽうで、デリケートゾーンへの使用がNGな市販アイテムは、以下のとおりです。

ニベア 保湿剤として優れているものの、刺激の強い成分が含まれているため、デリケートゾーンに使えません。
オロナイン 殺菌成分がデリケートゾーンの善玉菌まで弱めてしまうのでオススメできません。
ムヒ デリケートゾーンには刺激が強すぎて、ヒリヒリとした痛みを引き起こす恐れがあります。

ほかにも症状がある場合は産婦人科を受診

激しいかゆみを感じる場合や、おりものに変化がある場合は病気の恐れがあるため、産婦人科を受診しましょう。

病気によるかゆみは、自然治癒やセルフケアが難しいため、早めに病院へ行き、適切な治療をしてもらうようにしてください。

デリケートゾーンのかゆみは日ごろのケアが大事!

デリケートゾーンのかゆみについて、原因と対策法をみてきましたが、いかがでしたか?

蒸れやすい条件が揃ったデリケートゾーンは、意識して清潔を心がけるようにしましょう。

また、かゆみの原因につながる刺激をなるべく取り除き、皮膚に負担がかけないことが大切です。

かゆみのほかに、痛みやおりものの変化がみられる場合は、病気の可能性も考えられます。
何科で診てもらえばよいかわからない場合は、まず産婦人科を受診してみましょう。

デリケートゾーンのかゆみが起こる原因を突き止めて、正しく対策していくようにしましょう。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
VIO脱毛が安いのは?おすすめは?口コミ人気ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

vio脱毛ユーザー満足度順!
脱毛サロン人気ランキング

PAGE TOP