VIO脱毛ペディア > VIO脱毛は恥ずかしい?体勢・格好について徹底解説!

VIO脱毛は恥ずかしい?体勢・格好について徹底解説!

VIO脱毛おすすめサロン&クリニックランキング

サロン キャンペーン
全身脱毛の初回無料
詳細はコチラ
100円で【両ワキ&Vライン通い放題】
詳細はコチラ
脱毛ペア割(最大20,000円)
詳細はコチラ
→なんでキレイモが1位?

最近では女性の嗜みの1つになりつつある、デリケートゾーンの脱毛。
お手入が楽になるのはもちろんのこと、水着姿やベッドシーンに自信がもてるようになったり、衛生面が改善されたりと、メリットがたくさんあります。

ですが、その一方でVIO脱毛への不安もまだまだ大きいのではないでしょうか?

「アソコをみられるのは恥ずかしい…」
「実際どうやって施術されるのだろう」

部位が部位だけに、身近な人にも体験談を聞きにくいですよね…。
とくに、VIO脱毛がはじめてという方は不安も大きいことでしょう。

今回はそんなVIO脱毛を考えているけれどどのように施術されるか気になる方のために、VIO脱毛の体勢から恰好、恥ずかしさの対策方法までを紹介します。

VIO脱毛は恥ずかしい?どんな格好で行うの?

VIO、つまりデリケートゾーンを脱毛するので、もちろん下半身の衣服はすべて脱ぎます。

施術箇所がVIOのみであれば、上半身は服を着たままでも施術可能です。

施術中の格好は以下の2パターンに分かれます。

①紙ショーツ(紙パンツ)・Tバックショーツが用意されているパターン

使い捨ての紙ショーツ(紙パンツ)・Tバックショーツ(後ろが紐だけのTバック型)等が用意されているエステやクリニックでは、それを履いて施術を行います。

下半身が丸出しにならない分、恥ずかしさが軽減され、心理的に安心感が増しますね。
こちらは、医療クリニックよりもエステでの脱毛に多いパターンです。

②何も身に着けず、タオルで隠しながら施術するパターン

湘南美容外科など医療クリニックでの脱毛の場合、こちらのパターンが多いですね。
紙パンツは用意されていませんが、タオルでVIOを隠しながら施術してくれます。
ちょっとずつタオルをずらして、照射をしていくイメージです。

光レーザーで目を傷めないために目隠しが用意されており、自分からは施術の様子が完全に見えなくなるので、こちらも施術中の恥ずかしさはあまり感じません。

VIOを脱毛するときの体勢とは?

VIO脱毛は施術する部位によって、施術体勢が変化します。
それぞれの体勢について解説いたします。

Vライン脱毛時の体勢

Vライン脱毛は仰向けの体勢で施術します。
足も閉じたままで大丈夫です。

紙パンツやタオルで隠した部分を、少しずつずらしながら照射していきます。
希望の形がある場合は、その場で相談します。
鏡で確認しながら「ここまで全部脱毛で」「ここの毛は残してください」などを伝えます。

傍から見たらすごくシュールな光景ですが、淡々と事務作業のように終わります。

Iライン脱毛時の体勢

Iライン脱毛が、一番特殊な体勢での施術かもしれませんね。
①仰向けになり、片足を立て膝にする
②その足をそのまま真横に倒す
この状態で施術します。

女性器が丸見えになってしまって恥ずかしいという方も多いかもしれません。

ですが、紙パンツの場合は大事な部分は隠れていますし、タオルの場合も恥ずかしさを軽減するために、大部分を隠した状態で施術を行ってくれるので安心して大丈夫です。
もちろん、Iライン脱毛のときに関係がないVライン部分はタオルで隠しておいてくれます

Oライン脱毛時の体勢

Oライン脱毛は、Vライン脱毛やIライン脱毛と異なり、うつ伏せになった状態で施術します。
お尻の穴の周辺を見えやすくするために、軽く足は開いた状態です。
足を開く幅は、肩幅くらいと考えてください。

ただ、Oライン脱毛の場合、施術してくれるエステやクリニックによっては「四つん這い」の体勢ですることもあるようです。
どのような体勢で施術するのか不安な場合は、エステやクリニックに直接確かめてみましょう。

vio脱毛時の悩み!スタッフや看護師さんはどう思ってる?

ここまでVIO脱毛の施術時の格好や体勢について解説してきました。

VIO脱毛について、どのような施術が行われるのか、なんとなくイメージは掴めてきたでしょうか?
といっても、まだまだ不安な点ってたくさんありますよね。

「剛毛過ぎて引かれないかな」
「VIO脱毛中に濡れちゃったらどうしよう」
「あそこのニオイが気になる…」

今度はそんな不安にお答えしますね!

恥ずかしい→プロだから大丈夫!

そう、この一言に尽きます。

「相手はプロだから、そんな心配は一切無用!!」

毎日何人、何十人と施術をしているスタッフ・看護師さんたちにとって、デリケートゾーンは見慣れたもの。
とくに何とも思っていません。

もしアソコが刺激に反応して濡れてしまったとしても、生理反応です。
淡々と対応してくれますよ。

剛毛だから恥ずかしいと思う必要も全くなし!
むしろ剛毛を治療したくて、エステやクリニックに通ってきていることをスタッフや看護師さんたちは理解しています。
安心してお任せしちゃいましょう!

とくに恥ずかしいのは慣れていない初回の脱毛時ですが、そういう場合こそ、こちらに不安感を与えないために、スタッフさん側が色々話しかけて羞恥心をごまかしてくれます

デリケートゾーンの汚れ・ニオイが気になっちゃう!

こちらも大丈夫!
施術室にはウェットティッシュが常備されています。
汚れやニオイが気になる場合は、ウェットティッシュでさっと拭いておきましょう。

どうしても気になってしまう!という方は、施術前にウォシュレット付きトイレで、ビデ洗浄をするのもおススメです。
まあ、たいていの場合そこまでする必要はないですよ。

私は1度、施術日に寝坊をしたことがあり、その日に限ってお風呂に入り忘れていたことがありました…が!!
ビデ洗浄とウェットティッシュでなんとか乗り切れました。

VIO脱毛は男性が施術することがある?

女性がもっとも気になるところは男性スタッフがVIO脱毛をすることがあるのかという点ですよね。

婦人科などの病院でも最初は男性医師に抵抗があります。
病気を検査するだけだからと内診は我慢できるけれども、ムダ毛の悩みや剛毛を処理してもらったり施術中ずっと見られたりするのは耐えられないと思う女性がほとんどでしょう。

女性専用サロンがほとんど

エステのイメージもそうですが、脱毛サロンも女性専用サロンがほとんどです。
そのため施術も女性がおこないます。
男性のエステティシャンはいません。

メンズサロンでも女性スタッフが施術をおこなうほど女性の職業なのです。
どうしても気になる場合はカウンセリングを受ける際に聞いてみたり、事前にネットなどで調べてみるとよいでしょう。

【体験談】vio脱毛の恥ずかしさを乗り越える方法

これまでご紹介したように、VIO脱毛で恥ずかしがる必要はまったくありません。

施術中はスタッフが恥ずかしくないように気遣ってくれますし、そもそも毎日何人ものデリケートゾーンを見ているため、剛毛だろうと、多少汚れていようと特に気にしていません。

淡々と処理してくれます。

とはいえ、はじめてVIO脱毛する人にとっては、慣れるまでは「恥ずかしい」という気持ちが消えないかもしれません。

そこで実際にVIO脱毛を経験した人たちが、どのように恥ずかしさを克服したのかをご紹介します!

冷却ジェルが塗られているから濡れても安心、と言い聞かせる

脱毛時には、照射部分に冷却ジェルが塗られるため、もし刺激やおりものによって濡れたとしても、気づかれる可能性はほぼありません。

「気づかれないから大丈夫!」と思っておけば、恥ずかしさも軽減されます。

VIOがキレイになった自分を想像する

VIOがキレイになれば、好きな下着に挑戦できる、彼氏からの好感度がアップする、生理中も蒸れることなく清潔でいられるなど、たくさんのメリットがあります。

施術中や、アンダーヘアが生えかけの時期は人目が気になるかもしれませんが、脱毛完了後の自分を想像すれば、恥ずかしさが吹っ飛ぶほどウキウキとした気持ちになれます。

スタッフとの談笑で気を紛らわせる

どのサロン・クリニックであっても、施術中はスタッフがコミュニケーションをとってくれます。

話しているうちに、デリケートゾーンを見られていることなど忘れてリラックスできるため、次第に恥ずかしさがなくなっていきます。

そもそも「痛み」で恥ずかしさを感じる余裕がない

個人差はありますが、VIOは脱毛部位のなかでも、最も痛みを感じやすい部分だといわれています。
とくにクリニックで行われるレーザー脱毛は、サロンのフラッシュ脱毛に比べて痛みが強いです。

そのため「痛くて恥ずかしいと思う余裕なんてない!」という人もいます。
VIOのみの照射であれば、施術時間はそんなに長くありません。
「痛いなー」と思っているあいだに終わっているため、恥ずかしく思う時間もないでしょう。

脱毛前に事前処理は必要?

脱毛サロンやクリニックで使っている脱毛器は、毛の色に反応し、熱で毛根にダメージを与えます。

そのため、毛が伸びたままだと、長く伸びた毛の先にある皮膚にまでダメージを与えてしまい、火傷を起こす危険があります。

火傷を防ぐためにも、脱毛前に事前処理は必要です。
VIOそれぞれの自己処理の方法は以下の記事に詳しく載っています。

VIOは自分でも見えづらい部分で自分での処理は難しいかも…と考えている方がいるかもしれません。
脱毛サロンやクリニックのなかには、シェービングサービスを行っているところもあるので、チェックしてみましょう。
有料のところが多いですが、部位やコースによっては無料で承ってくれるところもあります。

VIO脱毛の恥ずかしさを乗り越えて、快適な毎日を!

VIO脱毛をする上でのよくある疑問点や不安点について解説してみましたが、いかがだったでしょうか?

この記事の結論としては、「VIO脱毛は恥ずかしいけど、それを気にして脱毛しないのはもったいない!!」です。

最初に「嗜みの1つ」と述べましたが、脇や腕と違って、脱毛しよう!と踏み切るにはまだまだ勇気が必要な箇所ですよね。
ですが、これは経験者として言わせていただきますが、VIO脱毛は本当におススメです!

生理中のムレやかゆみが改善されますし、VIOがきれいになることで、気持ちも上向きになります
VIO脱毛は気になるけど踏み切れない…という方は、「みんな恥ずかしいのは一緒!」を合言葉に、一歩前に踏み出してみては?

意外にへっちゃらだった!なんてこともありますよ。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
VIO脱毛が安いのは?おすすめは?口コミ人気ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP