VIO脱毛ペディア > デリケートゾーンのケア > vラインの埋没毛を作りたくない方は脱毛サロンがオススメ

vラインの埋没毛を作りたくない方は脱毛サロンがオススメ

VIO脱毛おすすめサロン&クリニックランキング

サロン キャンペーン
ランキング1位アイコン キレイモ 全身脱毛の初月分無料
詳細はコチラ
ランキング2位アイコン ミュゼ ①両あしまるごとプラス50円②全身脱毛プラス980円
詳細はコチラ
ランキング3位アイコン アリシア 脱毛ペア割(最大20,000円)
詳細はコチラ
→なんでキレイモが1位?
脱毛をすることはエチケットの一つとして一般的になっています。 その処理方法も人によってそれぞれです。 特に、ワキのムダ毛処理は、お風呂に入った時にカミソリで行う方は多いですね。 あまり見られる部位ではないし、とりあえず簡単に処理してしまえばいいと思っている方も少なくありません。 ところが、カミソリでの自己処理法は肌や毛に良くないことが多いのも事実。 具体的には ・カミソリ負けによる色素沈着 ・埋没毛が発生し膿ができる ・ボツボツとした剛毛が映える などの原因にもなる行為なのです。 そのため、あまりおすすめできる方法ではありません。

脱毛サロン、クリニックでの施術

今やムダ毛処理は、お風呂でパッとすませてしまう時代ではなくなりました。 どういうことかというと、専門家による脱毛です。 脱毛サロンやクリニックは、以前までモデルや芸能人などが行く特別な所とされていましたが、最近は一般の方も利用できる手軽な施設になりました。 まるで美容院のように、気軽な気持ちで脱毛サロンに通う方も増えています。 家庭で行うカミソリや電気シェーバーによる自己処理方法と脱毛サロンの施術は根本的に違います。 ですから、肌トラブルが起きず、むしろ肌に良い脱毛が実現します。 その違いは、 ・生えているムダ毛処理をだけをするのではない ・これから生えようとするムダ毛の抑毛効果がある ・肌を傷つける方法はとらない ・施術前後のケアに徹底している ことです。 ですから、モデルのようなキレイな肌を保ちながら、きちんとムダ毛処理ができるのです。

Vライン脱毛はいいことづくし!

ワキの脱毛をする方は圧倒的に多いですが、デリケートゾーンやアンダーヘアの脱毛をする方が増えているといいます。 水着を着たり、布の面積が小さいランジェリーを着たときに、ワキのようにカミソリで剃ったり、毛抜きで脱毛経験がある方は案外多いのではないでしょうか? しかしそれには、肌トラブルの危険性も伴います。 脱毛による肌トラブルは、顔や腕だと目立ってしまうし、痕が残ってしまう可能性もあります。 ワキにしてもVラインにしても、そう簡単に人に見せる部位ではないですが、だからこそきちんと手入れをしたい部位なのです。 特に脱毛クリニックでは、皮膚科医が在籍していることも多く、このトラブルを最低限に抑えることができます。 しかし、Vラインの施術は、ちょっと恥ずかしいと思っている方も多いです。 確かに、VIOライン脱毛は、エステティシャンが女性であっても、恥ずかしいもの。 しかし、安心してください。 そんな女性の心理もわかっていて、紙ショーツなどを用意してくれますし、最初の恥ずかしささえ超えれば、すぐ慣れてしまう方が多いです。

脱毛サロンではどんなことをするの?

脱毛サロンでの脱毛施術は、光脱毛が主流です。 毛穴に特殊な光を当てることで、生えている毛が抜け、その後の発毛機能を低下させます。 ちなみに、医療機関で使用する医療レーザー脱毛の場合、毛根を壊滅的な状態にするため、効果は高いです。 こうした施術は、Vラインのような狭い範囲でも最低5、6回程度受ける必要があります。 これは、毛穴すべてに光を当てるためです。 そして、必ず施術前後にはケアとして保湿に心がけます。 これが、サロンなどでの肌トラブルが減少する理由です。 ちなみに、ムダ毛の処理後のケアには、パイナップル豆乳ローションがオススメです。 肌ダメージへの予防対策には尿素クリームでも十分ですが、それに加えて次生えてくる毛を抑える効果もあります。 このケアによってエステサロンのように肌がツルツルスベスベになります。

肌トラブルの予防法として脱毛がオススメ

何よりも脱毛サロンでの施術をおすすめしたい最大の理由は、肌トラブルの中でも埋没毛、色素沈着を防止することができるからです。

埋没毛は深刻化すると厄介

埋没毛は、カミソリによる深剃りや逆剃り、毛抜きでの処理が原因で発生しやすく、皮膚の上に伸びてくるべき毛が皮膚下に成長してしまう状態になります。 さらに埋没毛の部分にばい菌が入ると、ニキビのように痛くなって、炎症が起こることもあるのです。 そうなると、素人では手に負えず、皮膚科やクリニックで毛穴の切開をしなければ治らない厄介なトラブルです。 ちなみに医療機関での埋没毛の治療は、毛嚢炎などの健康的被害がない場合、保険適用外の自由診療となってしまいますので、ぜひ知識として頭に入れておいてください。

改善の難しい色素沈着

埋没毛以外にも、黒ずみなどのトラブルもあります。 これはカミソリを使用した際、肌の角質も一緒に削れてしまうと、その保護をしようとメラニン色素が分泌され、まるで表面が日焼け後の肌になってしまう現象です。 一度色素沈着してしまうと、改善するのは難しいので大変厄介です。

自己処理でこんなこわ~い事も

自己処理を続けていたら大変なことになってしまったという、30代女性Aさんの体験談です。
若い頃、毎日のようにカミソリで処理しており、埋没毛が増えても自分で毛を押し出して処理をしていました。しかし次第に毛穴が腫れ上がるようになり、自力で治そうと市販薬を塗るも、悪化する一方。ひどいところは5cm級の腫れに。病院に駆け込むと、すぐ外科手術が決まりました。30分ほどの手術で膿の袋を取り出しましたが、術後15年経ってもその手術痕は痛々しいままです。
たとえ、シェービングクリームなどを使ったとしても、皮膚に刃物を当てることは肌への負担となり、決して良いこととは言えません。 ですから、専門サロンでプロに任せるメリットはとても大きいことがわかります。

脱毛サロンの価格は?

ムダ毛処理を家庭ですませてしまう一番の理由は、コストがかからないからです。 脱毛サロンのミュゼやキレイモ、銀座カラー公式サイトなどを見ると、◯万円と言った価格が並んでいます。 しかし、定期的にチェックをしていると、キャンペーンなどで、安い施術料金も掲載されています。 確かに、サロンによって価格は上下しますが、自己処理よりは高い価格にはなるでしょう。 ただ、脱毛完了後の肌を見ると、後悔する方はとても少ないです。 肌トラブルが起きない、その後のムダ毛の自己処理の回数が減る、肌も傷めないことを考えると、施術料金は、少し高いスキンケアと考えても良いかもしれません。 脱毛サロンは、今や当たり前のように利用者がいるので、それほど敷居の高いところではありません。 是非キャンペーン価格をしっかりチェックし、自分に合うサロンを探してみてください。 「少し高いけれど、施設がラグジュアリー」 「とにかくシンプルな施術で価格設定が安い」 「人気が高いけれど予約が取りづらい」 「勧誘がなく、気持ちのいいサービスだった」 など、様々な情報を入手することができますので、口コミ、体験談、NGランキングを参考にして選ぶと良いでしょう。 今後ずっと向き合っていく事になるVラインの処理。 後悔のない様に、キレイな肌を目指していきましょう!
 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
VIO脱毛が安いのは?おすすめは?口コミ人気ランキング
vioペディアピックアップバナー
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

vio脱毛ユーザー満足度順!
脱毛サロン人気ランキング

PAGE TOP