VIO脱毛ペディア > VIO脱毛の痛みってどれくらい?医療は?痛くない脱毛ってあるの?

VIO脱毛の痛みってどれくらい?医療は?痛くない脱毛ってあるの?

デリケートゾーンのお手入れを考えているなら、VIO脱毛がおすすめです。
VIO脱毛でしか得られないメリットがたくさんあります。

しかし、VIO脱毛に通うのになかなか勇気が出ないという人がいるのも事実です。
理由の一つが脱毛を受けるときの「痛み」です。

今回はVIO脱毛の痛みの理由から対策方法まで紹介します。

痛みも超える!?VIO脱毛のメリットとは

近年女性の中で、アンダーヘアの形をキレイに整えたり、全てツルツルにするハイジニーナにしている人も増えてきているんだとか。
そもそもVIO脱毛は痛みがあってもなぜ人気があるのでしょうか?
実は、VIO脱毛にはデメリット以上のメリットがあるのです。

自己処理の負担・手間がなくなる

VIO脱毛でムダ毛自体を減らすことで、自己処理による負担や手間から解放されます。

VIOはデリケートゾーンと呼ばれるだけあって、肌が薄く敏感な部位です。
そのため、自己処理を繰り返すことは肌荒れ、肌トラブルを起こす原因になります。

また、VIO部位は自分の目で確認するのが難しいため、プロに任せることでお手入れにかける時間も手間も少なくできます。
プロの脱毛だからこそ、仕上がりもキレイで、毛をなくした部分はツルツルになれます。

生理の時も快適&清潔に保てる

VIO脱毛をするとそれまでは当たり前のように感じていた生理時のムレやかゆみ、不快感がなくなります。
ムダ毛がなくなると雑菌の繁殖が減り、ニオイも抑えることができます。

水着や下着を選ばない

水着や下着からムダ毛がはみ出さないように範囲を整えておくことで、急な予定にも慌てずに済みます。
VIOを脱毛しておくことでおしゃれの幅が広がります

そのほかVIO脱毛のメリットについて詳しくはコチラをご覧ください。

【デリケートゾーン脱毛のメリットまとめ】快適さはほかにない!

痛い理由はVIO脱毛の仕組みにあった!

メリットの多いVIO脱毛ですが、なぜ痛みがあるのでしょうか?

痛みの感じ方は人それぞれ個人差はありますが、デリケートなVIOは脱毛時、確かに痛みが発生します。
それには、VIOの肌と脱毛の仕組みに理由がありました。

VIOだからこそ痛い!肌と毛質による理由

VIOは肌、毛質、場所の3つの条件すべてが脱毛の痛みを感じやすい状態になっているためです。
特に性器に近い部分は痛みが強く、「Vラインは大丈夫だったけど、IOラインが泣くほど痛かった」という体験談もあります。
そのため、痛みの感じ方に個人差はありますが、「痛みがあることが前提の脱毛」とも言われています。

VIOの肌状態

VIO部分の肌はもともと粘膜部分に近いため非常に薄く、痛みや熱を感じやすくなっています

さらにIOラインは肌と肌がこすれたり、下着の摩擦によって黒ずみがちです。
レーザーや光脱毛は色が濃い部分に強く反応するため、黒ずんだ肌色に反応しやすく痛みにつながります。

VIOの毛質

レーザーや光脱毛は濃い色素に強く反応するため、毛が太く濃い箇所は効果が出やすくなります
効果が高い分、加わる熱が痛みとして伝わりやすくなっているのです。

VIOの毛質はほとんどの人が濃く太い毛のため、毛量が多い部位だということや肌が薄いこともあわさり熱さや痛みを強く感じます。

脂肪が薄く、骨が近い部位

ヒジやヒザなどの関節と同じく、VIOも骨盤や恥骨など大きな骨が出ていて脂肪がたまりにくい部分です。
骨が近く、その真上のあたりになるとレーザーや光による衝撃が伝わりやすく重たい響くような痛みを感じます。

ヒジやヒザ、くるぶしなどを脱毛しているとわかるのですが、後を引かないかなり瞬間的な痛みです。
VIOは範囲が狭いので、痛みがあっても短時間で済みます。
問題は人それぞれ違う痛みの強さの感じ方になりますね。

レーザー・電気・光|脱毛方式別痛みの理由

現在エステサロンやクリニックで行われている脱毛方法は大きく分けて3つ、医療レーザー脱毛、電気脱毛(ニードル脱毛)、光脱毛があります。

レーザー脱毛は1回ずつ毛根を破壊

医療レーザー脱毛は脱毛サロンよりも脱毛効果が高く、短期間で脱毛完了できます。

メラニン色素に反応する特定の波長を持ったレーザーの熱で毛穴の毛根細胞を1つずつ破壊し、脱毛します。
そのためムダ毛が再生してくることはほとんどありません。

毛根細胞を破壊するほどの威力があるため、それだけの痛みを感じます。

私は少し毛深い方なのですが、痛さで言うと、脚の脱毛を10とした場合、Vが20、Iが20、Oが25くらい。泣くほどではありませんでしたが、他の部位より確実に痛いです。
VIOは剣山を当てられたように痛くて、施術途中で心が折れそうになりましたが、歯を食いしばってぐっと耐えました。
Iラインの毛を、1本毛抜きで抜いてみてください。VIOはそれより少しマシ、と言うレベルですね。

体験者による口コミでも、痛みの印象が目立ちます。
特に、VIO脱毛はほかの部位よりもデリケートなため強い痛みが発生します。

想像しただけで痛い!?電気脱毛

電気脱毛はニードル脱毛とも呼ばれます。
電気が通る細い針を毛穴ひとつひとつに差し込んでいきます。
針に電気を流し、その電気によって毛根を焼き壊します。

レーザーと同じく毛根を完全に壊すので、永久脱毛が可能です。

響くような重く強い痛みを感じたという人が多いです。
VIOに限らず比較的強い痛みが発生するため、医療レーザーと同じくVIO脱毛の中ではかなり痛みがある方法です。

毛が太く濃いほど反応する光脱毛

医療レーザー脱毛の出力を大幅に下げることで、医療機関以外でも脱毛ができるようになったのが光脱毛です。
施術料金も比較的安く設定されており、キャンペーンで破格を打ち出しているサロンもあります。

光脱毛の光がムダ毛のメラニン色素に反応し、光による熱で毛根の機能を少しずつ弱らせます。

医療レーザーに比べると、かなり痛みは少なくなります
VIOラインの濃く太い毛には集中して威力を発揮するため、その熱さが痛みとして現れます。

痛いor痛くない?VIO脱毛痛みガイド

脱毛方式によって痛みの差が生まれます。
最新の無痛脱毛を採用しているサロンもあります。

各サロンやクリニックが取り扱っている脱毛方式から、痛みの大きい順にまとめました。

脱毛で一番痛い!?電気脱毛

VIOに限らず脱毛の痛みが強いのは電気(ニードル)脱毛です。
永久脱毛は可能ですが、毛穴1つ1つに施術するため、痛みのある脱毛を何度か通い続けなければいけません。

TBCのスーパー脱毛

TBCのスーパー脱毛はこの電気脱毛で脱毛します。
電気脱毛は毛穴自体に働くので、ムダ毛が細く色素が薄くても効果があらわれます。

Iラインに生えてくる白髪に悩んでいる方は、痛くても電気脱毛が一番効果が出やすいです。

痛みレベル4:永久脱毛の医療レーザー脱毛

医療クリニック、美容クリニックで受けられる医療レーザー脱毛も、永久脱毛は可能ですが、機種によってムダ毛の得意不得意があります。
別料金になる場合がほとんどですが、痛みに耐えられない人向けに診療の範囲として笑気麻酔や麻酔クリームなどの各種麻酔の用意もあります。

麻酔は注射ではないので安心して受けられますよ。
心配な方はカウンセリング時に、施術者や看護師に相談してみてください。

アレキサンドライトレーザー

格安の医療脱毛で有名な湘南美容外科クリニックは、アレキサンドライトレーザーを取り扱っています。
医療脱毛では濃いムダ毛に特に効果がある分、VIOの脱毛は特に痛いと言われています。

脱毛と同時に冷却もできるので、人によっては指ではじかれた程度の痛みという人もいます。

ダイオードレーザー

また、アリシアクリニックで取り扱っているダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーに比べて痛みが少なく、細い毛やうぶ毛にも効果があります

ヤグレーザー

ヤグ(YAG)レーザーは医療レーザーの中では比較的レーザー照射能力の低い脱毛器となります。
ただ、色素沈着した肌やうぶ毛にも効果があるという特徴を持っています。
フェミークリニックではヤグレーザーを含めて、ニーズに合わせて複数の脱毛機を取り扱っています。

痛みレベル3:ゴムで弾いたような痛み!

「VIO脱毛は少し痛みを感じたけど、VIO以外は平気だった」という声を多く聞くのが、光脱毛です。
このレベルで脱毛をするときは施術部位を事前にしっかり冷却することで痛みを軽減できます。

銀座カラー・エタラビのIPL脱毛

銀座カラー、エタラビで取り扱っているIPL脱毛は、エステの美肌技術を応用した光脱毛です。
通常はゴムに弾かれたようなわずかな痛みとされています。

TBC・エピレのRTRライト脱毛

TBCは電気脱毛のスーパー脱毛だけでなくライト脱毛も取り扱っています。
エピレと同じRTRライト脱毛です。
弾けるような刺激が少し感じる程度で美肌効果もあるため、VIO脱毛の口コミでは高評価です。

シースリーのルネッサンスGTR脱毛

シースリーの首都圏から取り扱いが始まったルネッサンスGTR脱毛は、高速連射機能で全身の施術時間がとにかく短くなります。

ゴムで弾いた時に似た痛みがあり、デリケートな部分はそれが少し強く感じます。
痛みはありますが施術時間が短いので、範囲の狭いVIOはかなりあっという間だったという人が多いです。

なお、サロンは医療機関ではないので、麻酔の使用ができません。
そのため、脱毛の痛みを軽減させたいという場合は、ご自身で痛み止めを服用するしかありません
しかし、痛み止めの副作用で、施術後に皮膚が赤く腫れてしまうという事もあるそうです。
痛み止めを服用する際は、事前にスタッフに相談しましょう。

痛みレベル2:チクッとした痛み程度

ミュゼ、脱毛ラボのS.S.C脱毛

S.S.C脱毛は、ジェルと光の相乗効果で脱毛する方法です。
専用ジェルには光に反応する抑毛成分が配合されているため、冷却と保湿で肌を守りながら脱毛できます。

VIOは初回だけパチンと軽い痛みを感じる程度で、回数を重ねるごとにほとんど痛みがなくなります
初回でも、痛みに我慢できないという人は少ないです。

痛みレベル1:痛みはもほとんど無い

ディオーネのハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛はどんな毛質、肌質でも無痛で脱毛できます
ムダ毛のもととなる細胞に働きかけるため、色素や肌質も関係なくダメージを感じることがありません。

アトピーやニキビ、敏感肌などで皮膚が弱っていても、少し暖かさを感じる程度で済みます。
痛みに敏感な人、肌質が弱い人に人気の脱毛サロンです。

結局どっち?エステとクリニック

クリニックの脱毛は大なり小なり痛みは生じます。
エステサロンは脱毛方式次第で痛みのない脱毛も選べます。

その分気になるのは脱毛効果です。
痛みと効果の兼ね合いを考えて、クリニックかエステサロンの脱毛を選びましょう。

ツラくても短期間で済ませるならクリニック

医療レーザー脱毛はエステサロンの光脱毛に比べて威力が大きいです。
そのため痛みはともないますが、永久脱毛まで短期間で完了できます。

その期間はエステサロンの約半分から3分の1にもなります。
1回の痛みも、ムダ毛がなくなるごとに少なくなっていくので、痛くても脱毛を短期間で済ませたい人向けです。

オプションで麻酔もある

医療機関であるため、麻酔クリームや笑気麻酔(ガスタイプの麻酔)などで痛みを軽減する方法があります。

ただしほとんどのクリニックでは麻酔はオプション料金が発生します。
痛みに耐えて医療脱毛を続けるなら予算は多めに考えておきましょう。

【VIOラインの永久脱毛】安いおすすめ医療クリニックをご紹介

痛みゼロでしっかり通うならエステサロン

痛みなく脱毛するなら、エステサロンで一番痛みのないハイパースキン脱毛のディオーネです。

医療脱毛に比べると脱毛に通う期間は長くなります。
しかし、定期的に通い続ければ同じ結果が得られます。

他の脱毛エステサロンでも痛みに弱い人には冷却剤で肌を冷やすなどの対応が無料でできます。
余分な費用をかけずに痛み無く通えるのが、脱毛エステサロンのメリットですね。

VIO脱毛の痛みを減らす方法4つ

痛みの少ない脱毛でも、どうしても心配な人は脱毛前の準備で痛みを軽減させることができます。

1.痛みの出やすい生理前は脱毛しない

生理前や排卵日の前後はホルモンバランスが不安定な状態です。
そのため、肌のバリア機能が弱ってしまい、脱毛の痛みに敏感になります。

VIO脱毛の予約は生理後になるように調整しましょう。

2.脱毛には体調を整えておく

体調不良時や生理前の体は熱がこもりやすく、脱毛による熱を痛みとして感じやすくなります。
睡眠不足や風邪などの不調時はホルモンバランスも乱れるので、生理前同様に肌のバリア機能も低下します。

皮膚の乾燥や火傷を引き起こす恐れもあるので、体調を万全にして脱毛に臨みましょう。

3.VIOの保湿ケアを毎日続ける

VIOだけでなく乾燥した肌は脱毛時の痛みを感じやすくなります。

デリケートゾーン専用ボディクリームやローションか、ワセリンが保湿ケアに適しています。
顔と同じくらい体も毎日保湿することでダメージに負けない肌を作れます。
肌に水分が充分に蓄えられていれば、脱毛効果も出やすくなります。

4.痛みを想像しておく

心の準備をしておくという意味では実践しておく価値はあります。
大きなケガや出産経験のある人は、その時の痛みを想像して施術に臨むこともあるそうです。
精神的なものではありますが、痛みに弱い人はできる限りの準備をしていくことをおすすめします。

痛みを我慢しなくてもキレイになれる!

VIO脱毛の場合は「永久脱毛」のメリットにこだわらなければ、痛みを感じやすい人はレーザー脱毛でなくてもいいかもしれません。

VIO脱毛の痛みに耐えられるかどうかまだわからない人は、まずはそれぞれの公式ページから申し込み、体験コースを利用してみましょう。
痛みに弱い人はS.S.C脱毛のミュゼ、脱毛ラボか、ハイパースキン脱毛のディオーネがおすすめサロンです。

どちらにせよ、脱毛するには毛周期に合わせて定期的に繰り返し通う必要があります。
ストレスなく脱毛するには、脱毛方法とサロンの選び方が重要です。

選択肢の多い今だからこそ、自分の希望に合った脱毛を始めるのが一番賢い方法と言えます。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
VIO脱毛が安いのは?おすすめは?口コミ人気ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP