VIO脱毛ペディア > VIO脱毛の痛みってどれくらい?医療は?痛くない脱毛ってあるの?

VIO脱毛の痛みってどれくらい?医療は?痛くない脱毛ってあるの?

VIO脱毛おすすめサロン&クリニックランキング

サロン キャンペーン
全身脱毛の初回無料
詳細はコチラ
300円で【両ワキ&Vライン通い放題】+【2か所脱毛】プレゼント
詳細はコチラ
脱毛ペア割(最大20,000円)
詳細はコチラ
→なんでキレイモが1位?

好みのデザインの水着や下着を楽しんだり、生理の時が楽になるといった点で、VIO脱毛をしている女性も増えてきました。

また、自己処理の回数が減って、肌に負担をかけることもなくなるので、黒ずみや色素沈着、肌トラブルを防ぐことにも役立ちます。

しかし、体の中でもVIOはとてもデリケートで敏感な部分です。
そのため、VIO脱毛を考えている方のなかで「施術時に痛みがあるのか」気になる方は多いようですね。

そこで今回は、VIO脱毛はどれくらい痛いのか、その痛みの理由を中心に、オススメの脱毛クリニックやサロン、対策方法を紹介していきます。

VIO脱毛の痛みはどれくらい?耐えられないほど?

VIO脱毛の方法には、脱毛エステサロンで使われている「光」医療クリニックで使われている「レーザー」サロンとクリニック両方で使われている「電気」での脱毛があります。

そのため、どのような方法でVIO脱毛を行うかによって、痛みの度合いは異なります。

また、痛みの感じ方は人それぞれなので、個人差がありますが、なかには耐えられないほど痛いと感じる方もいるようです。
痛みについて、詳しくみていきましょう。

【光・レーザー・電気】痛みが一番強いのは?

様々なVIOの脱毛方法のなかで、痛みが強いといわれているものはどれなのでしょうか。
ランキングで痛みの強いものを確認していきましょう。

脱毛方式 施術場所
光脱毛(フラッシュ脱毛) サロン
医療レーザー脱毛 クリニック
電気脱毛(ニードル脱毛) サロン or クリニック

どれもムダ毛をなくすという点は同じですが、脱毛の仕組みに違いがあるため、痛みの強さが異なります。

ではVIOのムダ毛を処理するときには、どの脱毛方式が最も「痛い」と感じるのでしょうか?
それぞれの特徴をふまえながら、痛みの強さをランキング順にご紹介します。

1位:電気脱毛

サロンもしくはクリニックで受けられる、電気脱毛。
ニードル脱毛とも呼ばれ、その名のとおり、細い針を毛穴ひとつひとつに差し込み、電気を流すことによって毛根を焼き壊します。

毛根を完全に壊すので、永久脱毛が可能です。

痛みに関しては「響くような重く強い痛みを感じた」という人が多いです。
VIOに限らず比較的強い痛みがあるため、医療レーザーと同じくVIO脱毛の中ではかなり痛みがある方法です。

2位:レーザー脱毛

レーザー脱毛は、医療クリニックのみで受けられる脱毛方式です。

メラニン色素に反応する特定の波長を持ったレーザーの熱で毛穴の毛根細胞を1つずつ破壊します。
そのためムダ毛が再生してくることはほとんどありません。

毛根細胞を破壊するほどの威力があるため、それだけの痛みを感じます。

私は少し毛深い方なのですが、痛さで言うと、脚の脱毛を10とした場合、Vが20、Iが20、Oが25くらい。泣くほどではありませんでしたが、他の部位より確実に痛いです。
VIOは剣山を当てられたように痛くて、施術途中で心が折れそうになりましたが、歯を食いしばってぐっと耐えました。
Iラインの毛を、1本毛抜きで抜いてみてください。VIOはそれより少しマシ、というレベルですね。

体験者による口コミでも、痛みの印象が目立ちます。
特に、VIO脱毛はほかの部位よりもデリケートなため強い痛みが発生します。

VIOが他の部位の脱毛に比べて痛みを感じるのはなぜ?

痛みが強い脱毛方法について紹介をしてきました。

なかには、VIO以外の部位で脱毛を経験している方がいるかもしれません。
しかし、VIO部分の脱毛は、脇や、脚などとは痛みが異なり、強く感じるといわれています。

では、なぜ他の部位に比べて痛みを強く感じるのでしょうか。

それは、VIO部分の肌の性質と毛質にありました。

痛みを強く感じる原因はVIOの肌と毛質にあった!

VIOは肌、毛質、場所の3つの条件すべてが脱毛の痛みを感じやすい状態になっています。
特に性器に近い部分は痛みが強く、「Vラインは大丈夫だったけど、IOラインが泣くほど痛かった」という体験談もあります。
そのため、痛みの感じ方に個人差はありますが、「痛みがあることが前提の脱毛」とも言われています。

VIOの肌状態

VIO部分の肌はもともと粘膜部分に近いため非常に薄く、痛みや熱を感じやすくなっています

さらにIOラインは肌と肌がこすれたり、下着の摩擦によって黒ずみがちです。
レーザーや光脱毛は色が濃い部分に強く反応するため、黒ずんだ肌色に反応しやすく痛みにつながります。

VIOの毛質

レーザーや光脱毛は濃い色素に強く反応するため、毛が太く濃い箇所は効果が出やすくなります
効果が高い分、加わる熱が痛みとして伝わりやすくなっているのです。

VIOの毛質はほとんどの人が濃く太い毛のため、毛量が多い部位だということや肌が薄いこともあわさり熱さや痛みを強く感じます。

脂肪が薄く、骨が近い部位

ヒジやヒザなどの関節と同じく、VIOも骨盤や恥骨など大きな骨が出ていて脂肪がたまりにくい部分です。
骨が近く、その真上のあたりになるとレーザーや光による衝撃が伝わりやすく重たい響くような痛みを感じます。

ヒジやヒザ、くるぶしなどを脱毛しているとわかるのですが、後を引かないかなり瞬間的な痛みです。
VIOは範囲が狭いので、痛みがあっても短時間で済みます。
問題は人それぞれ違う痛みの強さの感じ方になりますね。

痛みがあるとわかっていてもVIO脱毛をする人が増えているのはなぜ?

では、痛みを感じる可能性が高いとわかっているのにVIO脱毛をする人が増えているのはなせなのでしょうか。

そこには、VIO脱毛をすることで得られるメリットが関係しているようです。

VIO脱毛をするメリットは下記になります。

  • 衛生的に保てる
  • 自己処理が楽になる
  • デリケートゾーンの美肌ケアになる
  • 自信を持っておしゃれを楽しめる

VIO脱毛をするメリットについて詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

毛があることで、デリケートゾーンがムレて雑菌が繁殖することで、かゆみや臭いのもととなります。

さらに、生理の時に経血が毛に付いて不衛生な状態になることもなくなるので、衛生的にも良い状態にできます。

また、脱毛をすることでカミソリやクリームなどを使った自己処理も必要なくなるため、自己処理の手間がなくなるだけではなく、肌への負担も減らせて美肌ケアにも繋がります。

VIOの毛をお手入れしたことで水着や下着からムダ毛がはみ出す心配もなくなるので、思いきりおしゃれも楽しめますよ!

VIO脱毛の痛みに耐えられる自信がない…対策方法はある?

ここまで、VIO脱毛の痛みの原因と、VIO脱毛のメリットについて紹介をしてきました。

しかし、なかには「痛みに弱くて耐えられる自信がない」という方もいるかもしれませんね。

そこで、ここからは「なるべく痛みなくVIO脱毛がしたい」という方のために、痛みの対策方法を紹介します。

「痛くないVIO脱毛があるなら最初から教えてくれればよかったのに!」と思われる方もいるでしょう。

先ほども説明したように、VIO脱毛は「痛みがあることが前提の脱毛」です。
紹介するのは、あくまで「痛みを軽減させるための対策方法」ですので注意してください。

VIO脱毛の痛みを減らす方法4つ

痛みの少ない脱毛でも、どうしても心配な人は脱毛前の準備で痛みを軽減させることができます。

1.痛みの出やすい生理前は脱毛しない

生理前や排卵日の前後はホルモンバランスが不安定な状態です。
そのため、肌のバリア機能が弱ってしまい、脱毛の痛みに敏感になります。

VIO脱毛の予約は生理後になるように調整しましょう。

2.脱毛には体調を整えておく

体調不良時や生理前の体は熱がこもりやすく、脱毛による熱を痛みとして感じやすくなります。
睡眠不足や風邪などの不調時はホルモンバランスも乱れるので、生理前同様に肌のバリア機能も低下します。

皮膚の乾燥や火傷を引き起こす恐れもあるので、体調を万全にして脱毛に臨みましょう。

3.VIOの保湿ケアを毎日続ける

VIOだけでなく乾燥した肌は脱毛時の痛みを感じやすくなります。

デリケートゾーン専用ボディクリームやローションか、ワセリンが保湿ケアに適しています。
顔と同じくらい体も毎日保湿することでダメージに負けない肌を作れます。
肌に水分が充分に蓄えられていれば、脱毛効果も出やすくなります。

4.痛みを想像しておく

心の準備をしておくという意味では実践しておく価値はあります。
大きなケガや出産経験のある人は、その時の痛みを想像して施術に臨むこともあるそうです。
精神的なものではありますが、痛みに弱い人はできる限りの準備をしていくことをおすすめします。

レーザー脱毛は麻酔の痛み止めがある

レーザー脱毛では、痛みに耐えられない人向けに診療の範囲として笑気麻酔や麻酔クリームなどの各種麻酔の用意もあります。

これらの麻酔は注射ではないので安心して受けられますよ。
心配な方はカウンセリング時に、施術者や看護師に相談してみてください。

ただし別料金になることがあるため、事前に確認しておくことが大切です。
以下にそれぞれの麻酔の特徴をまとめましたので、チェックしてみてくださいね。

■笑気麻酔(しょうきますい)
亜酸化窒素(N2O)とよばれるガスを鼻から吸うことで、痛みや緊張を和らげます。意識がなくなるなどの症状はありませんが、妊娠中の方は使用できないため注意してください。
■麻酔クリーム
局所麻酔の一種で、皮膚にクリームを添付します。
効果は笑気麻酔より高いですが、妊娠中の方も使用できます。ただし、主成分のリドカインという成分でアレルギー反応を起こす人もいるため、医師とよく相談したうえで使用しなければなりません。
■麻酔テープ
薬剤がついたテープを貼ることで、痛みを抑えます。主成分は麻酔クリームと同じリドカインであることが多いですが、クリームよりも効果は弱いとされています。

VIO脱毛ができるサロン・クリニックの痛みの強さを比較

痛みにオススメのサロンをご紹介しましたが、その他のサロンやクリニックについても気になりますよね。

使用する脱毛器の種類が違えば、同じ光脱毛・レーザー脱毛でも痛みに違いが出るのです。

ではサロン、クリニックごとに痛みの度合いを比較してみましょう!

脱毛方式 サロン・クリニック レーザー等の種類 痛みの強さ
電気脱毛 TBC スーパー脱毛 ★★★★★
レーザー脱毛 湘南美容外科クリニック アレキサンドライトレーザー ★★★★
アリシアクリニック ダイオードレーザー
フェミークリニック ヤグレーザー
光脱毛 銀座カラー IPL脱毛 ★★★
エピレ RTRライト脱毛
TBC
シースリー ルネッサンスGTR脱毛
ミュゼ
S.S.C脱毛 ★★
脱毛ラボ
ディオーネ
ハイパースキン脱毛

TBC(電気脱毛・RTRライト脱毛)



TBCの脱毛には2種類あります。
まず1つめが、痛みが最も強いといわれる「電気脱毛」
毛穴1つ1つに針と電気を通すので、かなり痛いです。

皮膚の薄いVIOであれば、さらに痛みは強まります。

ただしそのぶんメリットもあります。
電気脱毛は毛穴自体に働くので、永久脱毛が可能です。

また、ムダ毛が細く色素が薄くても効果があらわれます。
Iラインに生えてくる白髪に悩んでいる方は、一番効果が出やすいです。

そして2つめが、サロンで主流となっている「光脱毛」
TBCの「RTRライト脱毛」では、JEPA(日本エステティック振興協議会)の安全基準をクリアした脱毛器を使用しているため、安全性が高いといわれています。

痛みの度合いも比較的軽く、VIOの脱毛でも無理なく続けられる方が多いです。

湘南美容外科クリニック



CMでお馴染みの湘南美容外科クリニック。
脱毛で用いられている「アレキサンドライトレーザー」は、肌ダメージが少なく高い効果を実感できると評判です。

痛みに関してはレーザーのため、サロンの光脱毛よりは強いですが、それでも「指ではじかれた程度の痛み」と感じる人が多く、我慢できないほどの痛みではありません。

しかしIラインなど場所によっては強く痛みを感じる場合があるので、心配な場合は麻酔を施してもらうことをオススメします。
なお麻酔は別料金で、各部位2,000円かかります。

アリシアクリニック


アリシアクリニックで使用されている「ダイオードレーザー」は従来のレーザーよりも痛みが少ないといわれています。

またメラニン色素に対して効率よく照射できるため、照射時間も短く済み、痛みを感じる時間も短縮できます。

フェミークリニック



フェミークリニックで取り扱っている「ヤグ(YAG)レーザー」は、シミ治療などにも使われており、医療レーザーの中では比較的、照射能力が低いです。

そのため脱毛効果は前述した「アレキサンドライトレーザー」や「ダイオードレーザー」よりも弱いとされていますが、黒色に反応しにくく、色素沈着のある人でも安心して施術が受けられます。

痛みに関しては「少し強いかな?」と感じる人が多いですが、短時間で脱毛できるというメリットがあるため、長時間痛みを感じることはありません。

銀座カラー



銀座カラーで取り扱っているIPL脱毛は、エステの美肌技術を応用した光脱毛です。
「ゴムに弾かれたようなわずかな痛み」とされ、光脱毛のなかでは標準的な痛みだと思ってよいでしょう。

また、色白効果のあるフォトフェイシャルにも使われているため、美肌が期待できると評判です。

エピレ


エピレで行われているのは、TBCの光脱毛とおなじく「RTRライト脱毛」
弾けるような刺激が少し感じる程度でVIO脱毛の口コミでは高評価です。

また美肌効果もあるといわれています。

シースリー




シースリーの「ルネッサンスGTR脱毛」は、ゴムで弾いたような痛みがあり、デリケートな部分では少し痛みが増します。
とはいえ施術時間が短いので、範囲の狭いVIOはかなりあっという間だったという人が多いです。

ミュゼ



ミュゼの「S.S.C脱毛」は、ジェルと光の相乗効果で脱毛する方法です。
専用ジェルには光に反応する抑毛成分が配合されているため、冷却と保湿で肌を守りながら脱毛できます。

VIOは初回だけパチンと軽い痛みを感じる程度で、回数を重ねるごとにほとんど痛みがなくなります。
初回でも、痛みに我慢できないという人は少ないです。

脱毛ラボ


脱毛ラボはミュゼとおなじく「S.S.C脱毛」が採用されています。
光脱毛のなかでは、やや痛みが弱いとされているため、初めてVIOを脱毛する方にもおすすめです。

ディオーネ


最も痛みが少ないといわれているのが、ディオーネの「ハイパースキン脱毛」
どんな毛質、肌質でも施術できるほど肌にやさしく、痛みがほぼありません。

VIOは皮膚が薄く、身体の中でも痛みに敏感な場所ですが「施術中まったく痛みを感じなかった」という声も聞かれるほど、痛みの少なさでは定評があります。

痛みを覚悟してでも短期間で済ませたいならクリニックがオススメ

医療レーザー脱毛はエステサロンの光脱毛に比べて威力が大きいです。
そのため痛みはともないますが、永久脱毛まで短期間で完了できます。

その期間はエステサロンの約半分から3分の1にもなります。
1回の痛みも、ムダ毛がなくなるごとに少なくなっていくので「とにかく早く脱毛を終わらせたい」という方におすすめです。

>>VIO脱毛でおすすめの医療クリニックはこちらをチェック!

痛みが気になる方におすすめの脱毛サロン3選

VIO脱毛の痛みがツライ!という利用者の声を受け、痛みを少なくする技術も開発されてきています。

なかでもこれから紹介する3つのサロンは、特に痛みを改善する脱毛に力を入れています。
医療レーザーでの痛みに耐えられる自信がない、どうしても痛みが気になるという方は、まずこの3つから選んでみましょう。

痛くない脱毛No1!ディオーネ



【公式HPへ】

「とにかく痛いのは無理…!!」という方は、ディオーネがおすすめです!

ディオーネの「ハイパースキン脱毛」は、ムダ毛のもととなる細胞に働きかけて、発毛を抑制します。
ほかの多くの光脱毛では、フラッシュによって毛乳頭を破壊するため、高熱が生じて痛みを感じますが、ハイパースキン脱毛ではそのような心配はありません。

高熱で焼くのではなく、特殊な光で毛の種を減少させる仕組みのため、痛みを感じにくいのです。

アトピーやニキビ、敏感肌などで皮膚が弱っていても、少し暖かさを感じる程度で済みます。

痛みに敏感な人、肌質が弱い人に人気の脱毛サロンです。

ディオーネのVIO脱毛の料金

ディオーネのVIO脱毛は、ハイジニーナ、つまりVIO全てを処理する場合と、希望の形で整える場合で異なります。

詳細は以下の表でチェックしましょう。

脱毛箇所 料金
ハイジニーナコース VIO全て ■6回

72,000円(税抜)

■12回

120,000円(税抜)

semiハイジニーナコース 希望の形を残して処理 ■6回

57,000円(税抜)

■12回

96,000円(税抜)

脱毛効果が出るまでには時間がかかる

ハイパースキン脱毛は肌への負担が少なく、痛みもあまり感じないというメリットがあります。

一方で、他の光脱毛に比べて「脱毛効果を実感するまでに時間がかかる」というデメリットも。
そのため、短期間ではやく脱毛を終わらせたいという方には向いていないかもしれません。

ディオーネ公式HP

総合的な満足度なら「ミュゼ」か「キレイモ」

痛みだけでなく「料金や脱毛効果、完了までの期間など総合的なバランスを見て判断したい…」という方もいるかもしれませんね。

その場合は「キレイモ」もしくは「ミュゼ」がおすすめです!
いずれも大手の脱毛サロンとして有名ですが、どちらが良いかは個々のニーズによって異なります。

VIOのみ脱毛したいなら「ミュゼ」



【公式HPへ】

VIOのみの脱毛であれば「ミュゼ」がおすすめ。
ミュゼで使用されている「S.S.C脱毛」は、肌に優しいジェルを塗った上からライトを当てる痛みが少ない脱毛方法です。
痛みだけでなく、VIO脱毛に関しては、他サロンと比較しても圧倒的に安いことも魅力。

またミュゼは施術の時間帯によって「レギュラープラン」「デイプラン」2種類のコースを設定しており、平日の12時~18時にお手入れする「デイプラン」を選択すれば、通常よりも安く脱毛できるのです。

さらに!キャンペーンを利用すれば、半額で施術できちゃいます。
たとえば、VIOコースで人気の「ハイジニーナ7」なら以下の通り。

通常料金 キャンペーン料金
レギュラープラン ■4回

72,000円

36,000円
デイプラン ■4回

60,000円

30,000円

また、契約する条件にもよりますが「Vラインは何度も脱毛OK」というお得すぎる特典もついています。

現在はVラインと両ワキが300円で脱毛し放題キャンペーンも…!!

強引な勧誘はないため、脱毛が初めての方も安心して受けられるのがうれしいですね。

ミュゼ公式HP

VIO以外の箇所も脱毛したい人は「キレイモ」



【公式HPへ】

全身脱毛専用のサロンとして人気の「キレイモ」。
VIOだけでなく、他の部位もあわせて脱毛したいという方におすすめのサロンです。
ディオーネと比べると、やや痛みはありますが、月額9,500円で全身の施術が可能です。

全身脱毛はサロンによっては、脱毛箇所にVIOを含まない場合があるのですが、キレイモはVIOまで含んで月額1万円以下です。
総額に換算すると20万円ほど。

VIOのみで10万円以上かかることを考えると、全身でこのお値段はお得ですよね!

そのほか、以下のようなメリットがあり、多くの女性に支持されています。

■冷却ジェルを使用しないため快適に脱毛できる
■分割払いだけでなく月ごとに支払うプランがあるため、好きなタイミングで辞められる
■丁寧な接客

さらに!今ならWEB限定でキャンペーンを実施中。
全身脱毛の初回分(約1万円)が無料になるお得なキャンペーンです。

期間限定なので、気になる方は早めにカウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか?

キレイモ公式HP

>>さらに詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

自分にあったVIO脱毛を選ぼう

VIO脱毛の痛みに耐えられるかどうかまだわからない人は、まずはそれぞれの公式ページからカウンセリングの予約をしてみましょう。

実際に脱毛体験ができる場合もあるので、痛みの度合いを確かめてみるといいかもしれません。
またVIO以外にも脱毛したい箇所はないか?期間はどのくらいがよいのか?など、自身のニーズを洗い出したうえで、カウンセリングに臨むことも大切です。

選択肢の多い今だからこそ、自分の希望に合った脱毛を始めるのが一番だといえます。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
VIO脱毛が安いのは?おすすめは?口コミ人気ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP