効果バツグンの医療脱毛!おすすめの脱毛クリニックbest3
VIO脱毛ペディア > デリケートゾーンの部位 > 【vio脱毛ってどこまで?】デリケートゾーンとVIOの違いがわかる部位徹底解説

【vio脱毛ってどこまで?】デリケートゾーンとVIOの違いがわかる部位徹底解説

最近では女性が脱毛に通い始めることは、流行だけでなく当たり前のことになっています。
自分でもなかなかお手入れが難しいデリケートゾーンは、プロに任せて確実な効果がある脱毛エステサロンやクリニックでの施術が人気です。

そんなデリケートゾーンの脱毛処理は、VIO脱毛とも呼ばれます。
VIOというのはデリケートゾーンを大きく3分割した形をあらわしています。
しかし、これだけではVIOがどの範囲か分からない人も多いのではないでしょうか?

今回はVIOの部位について、解説します。

具体的な場所はどこ?VIOを解剖!

VIOは「V」、「I」、「O」の3つの脱毛箇所からなりたちます。
それぞれを分割して範囲を解説していきますね。

脱毛したい人が多い!気になるV

VIOの「V」はVラインやVゾーンとも呼ばれます。
正面から見える、ショーツに隠れる部分とその周辺です。

Vと言うのは、足の付けのラインに沿って見てみると、V字になっているからです。
このVには、VラインとVライン上、トライアングルゾーンの3ヵ所が含まれます。

<h4水着を可愛く着るならマスト!Vライン

Vラインは足の付け根に沿ったビキニラインのことです。

水着や下着のショーツをはいた時に、Vラインサイドから毛が出てしまうことがあります。
カミソリや電気シェーバーなどの自己処理方法では周りの毛の剃り残しや、回数を繰り返す事による肌トラブルの懸念もあります。

Vライン上

Vライン上は、その名の通りVラインの上、腰骨まわりです。
またはトライアングル上と呼ばれ、両腰骨をつなぐショーツ上のあたりを言います。

この部分を脱毛すれば、股上の浅い水着や下着も安心して着られますよ。

Vライン全体のスタイルにもトレンドがあり、今は面積を小さく、毛量の少ない状態が人気です。
そのため、ショーツ上の腰骨をつなぐ横線の脱毛範囲は幅太めに設定します。

トライアングル

トライアングルはトライアングルソーンとも呼ばれ、Vラインの中心部分です。

無毛にする人だけでなく、アンダーヘアを薄くするだけにしたい人も最初数回はこの部分も脱毛します
毛量を減らす脱毛方法では、数回様子を見ながら毛質に合わせて全体を照射していきます。

憂鬱な時期も脱毛で爽快に!Iライン

Iラインは陰部や粘膜に近い部分のサイドです。
Iライン部分は湿度が高く体温が高い時期や生理中はムレやすく、ニオイや肌トラブルが発生しやすくなります。

ここはほとんど脱毛しますが、Vラインとの境目だけグラデーションに残すと自然に仕上がります
Iライン脱毛をすると、デリケートゾーン特有の不快感がだいぶ改善されます。

見えないところこそツルツルで!Oライン

Oラインは、Iラインの奥、肛門のまわりです。
それぞれの脱毛サロンやクリニックでは、ヒップ奥やOゾーンと言われる場合もあります。
自分では見えない部分なので、実際にどの程度毛が生えているのかもわからない人がほとんどです。

ただ、衛生面で言えば排泄時の汚れを付着させないためにも、Oライン脱毛を推奨します。

しっかり脱毛が完了すれば、Tバックなどの下着のおしゃれも楽しめます。

VIO脱毛の前に!気になる疑問

VIOの部位がわかっても、脱毛に関する疑問がありますよね。
VIO脱毛に関するよくある疑問にお答えします!

サロンとクリニックで痛みが違うって本当?

エステサロンの脱毛は光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれています。
特殊な光やフラッシュで毛根に繰り返しダメージを与えて脱毛します。
痛みを感じやすい箇所でも、ゴムではじいた程度の痛みと言われています。

クリニックでは医療脱毛の一種である医療レーザー脱毛が可能です。
レーザーはエステサロンよりも出力が高く、ムダ毛の毛根を直接破壊しますので、脱毛効果が高く半永久脱毛も可能です。
その分肌への負担があり、痛みもかなりあるそうです。

VIOに限っては皮膚が薄く、毛が濃いため、フラッシュやレーザーが反応しやすく痛みも感じやすいです。
誰でも痛みを感じやすい部位と言えます。
痛みが不安な人は、まずは人気脱毛サロンやクリニックで、スタッフのカウンセリングを受け、脱毛体験コースなどを利用してみてはいかがでしょうか。
今は「お試し脱毛プラン」として、VIO脱毛料金がお得なものもありますので、初めての方でもスタートしやすいですよ。

トライアングルの形ってどうしたらいい?

トライアングルは好みで形を決められます。
基本的には手持ちの下着や水着のショーツに合わせて面積を小さくします。

一番人気はナチュラルな三角形面積の小さい三角形です。
他にもスクエア型やハート型など好きなモチーフにしておしゃれを楽しむこともできます。
また、VIOゾーン全てを無毛にするハイジニーナ脱毛もオススメです。

vioの形と決め方に迷っている人はコチラもあわせてご覧ください。

脱毛部分は正しく把握して自分に合った脱毛を

VIOは普段自分でもじっくり見る機会のない場所です。
ただ、体のとても大事な部分なので、VIO脱毛範囲はしっかり把握しておきましょう。

ムダ毛が生えている範囲も確認しておけば、必要のない箇所まで脱毛せずに済みます。
VIOライン脱毛は特に範囲を曖昧にせず、きちんと確認して始めましょう。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
【脱毛サロン&医療脱毛】総合ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP