VIO脱毛ペディア > 【VIO脱毛の形】脱毛前に考えておくべき!人気の形まとめ

【VIO脱毛の形】脱毛前に考えておくべき!人気の形まとめ

VIO脱毛おすすめサロン&クリニックランキング

サロン キャンペーン
全身脱毛の初回無料
詳細はコチラ
300円で【両ワキ&Vライン通い放題】+【2か所脱毛】プレゼント
詳細はコチラ
脱毛ペア割(最大20,000円)
詳細はコチラ
→なんでキレイモが1位?

VIO脱毛は、衛生面だけでなく、デザインを選ばずに水着や下着が着れるといった点でも評価が高いようです。

そのため、VIO脱毛している女性も増えてきました。

しかし、いざVIOを脱毛しようと考えたときに「どこまで脱毛したらいいの?」「デザインはどうするべき?」といった悩みを持つ方がいるかもしれませんね。

脱毛は完了したらほとんどムダ毛は再生しないので、どのような形にするかをきちんと考えて行う必要があります。

今回はそんな「VIOの形をどうすべきか」悩んでいる方に向けて、人気のデザインや形についてを紹介します。

VIO脱毛はどこまで脱毛したら良い?

VIO脱毛といっても、全てを脱毛する必要はありません。
残したい部分を避けて脱毛することができます。

全部を脱毛しないとなると「どこまで脱毛したらいいかがわからない」という方も多いようですね。

IとOラインは全て脱毛しても大丈夫?

定番のVラインは自分でも確認できる部分で、比較的に自分好みのデザインにしやすいです。
しかし、IラインとOラインは、自分でもなかなか見て確認することが難しいですよね。
そのため、脱毛で好みのデザインにするといっても、どうするのが最適なのかわからず悩まれる方が多いようです。

Iラインは境目を自然に残す方法がオススメ

Iラインは、足の間の割れ目や女性器のまわりの部分となります。
もっとも性器、粘膜部分に近くムレやすい部位のため、無毛にしておくと生理の時を含めていつでも清潔な状態になります。

スッキリさっぱりとさせたいという人には無毛がオススメです。

ただ、IラインとVラインはつながっていて、Vラインを残してIラインを無毛にすると、境目がはっきりと見えてしまいます
正面からも割れ目が見えてしまって、少し恥ずかしく感じる場合もるようです。

Vラインの形に合わせてIラインはつなげて、徐々に毛をなくしていくことで、境目を自然に残すことができます。

Iラインはある程度整えるだけでも、充分に生理中の蒸れなどの不快感は改善されますよ。
無毛にするのが不安という方は、Vラインからの境目を自然な形で残すデザインがオススメです。

Oラインは完全になくしてしまっても大丈夫!

Oラインは肛門周りになります。
毛が濃い人の場合は、お尻全体や割れ目の上の方までムダ毛が生えている場合もあります。

Oラインのムダ毛は自分でも他人からも見えにくく、手軽な自己処理方法がない箇所です。
そのため、ムダ毛がすべてなくなってもデメリットどころか、衛生面のメリットばかりです。

排泄物の付着や絡まりがなくなり、普段見えないところも清潔に保つことができます。
このメリットを重視するならIOラインに関しては、無毛でもいいかもしれません。

Oラインのムダ毛は基本的にすべてなくしてしまって大丈夫ですが、痔がある人は注意が必要です。

痔にもさまざまな種類があり、皮膚が切れている「切れ痔」、皮膚の外にイボが出来ている「いぼ痔」などがあります。

普段通っている病院の医師に、脱毛が出来るかどうかを確認しておきましょう。

または脱毛サロンによっては、肌トラブルの可能性がゼロではないため、施術が出来ないことがあります。
脱毛サロンのほうにも、無料カウンセリングの時に確認しておきましょう。

Vラインはどんな形にするのがいい?

では続いて、定番のVラインの形について紹介をしていきます。

Vラインは足の付け根のラインからその内側、ショーツに隠れる部分です。
サイドや上部など、サロンやクリニックによって呼び方はさまざまですが、デリケートゾーンの前側のデルタ(三角形)ゾーン全体のことをビキニラインという呼び方をする場合が多いです。

Vラインは、デリケートゾーンの前面部分で、自分からも他人からもよく見える部位です。
そのため、最終的には自分自身で好みの形を決めるのがベストです。

基本的には、ショーツの上やサイドからムダ毛がはみ出てないことが基準になります。

この基準をもとに、用途や好みでさまざまなかたちがあります。

一番人気は逆三角形

デリケートゾーンが自然な形に見える三角形は、トラインアングル、逆三角形とも呼ばれています。

脱毛していると気付かれたくない人や、自然なまま清潔感のある形に整えたいという人に人気です。

ムダ毛の生えている面積を小さくするだけで、さまざまな下着や水着に収まります。

逆三角形よりもやわらかい印象を持たせたいという方には、丸みを帯びた「扇子型」がオススメです。

可愛らしい印象を作る楕円

楕円、オーバル型は可愛らしく女性らしさのある印象があり、人気です。

オーバルの種類には普通の楕円より下が細くなっている、たまごを逆さにしたような形もあります。

着こなしの幅を広げる長方形(Iライン型)、スクエア型

細い長方形や小さな正方形のスクエア型などは、毛の残る範囲がとても狭い分、どんな水着や下着もハミ毛を気にせずおしゃれに着こなせます。

その他の自由な形

芸能人や海外セレブの間でも流行したハート形など、自分の好きなデザインを残して、あくまでおしゃれの一環として脱毛する人も少なくありません。

ただし、そういったオシャレの一環としてアンダーヘアの形を楽しむ場合は、毛が生えてこなくなる脱毛よりはブラジリアンワックスがおすすめです。

生えてくる度に施術する必要はありますが、その場ですぐ希望のアンダーヘア形にもできますし、例え失敗してもまた生えてくるので安心です。

ハイジニーナ

ハイジニーナは別名ブラジリアンスタイルとも呼ばれ、ツルツルの無毛の状態です。
欧米では人気というよりも、むしろマナーとなっているハイジニーナですが、日本ではまだパイパン(VIOを無毛の状態)にするのは抵抗を感じる人は多いです。

ただ、無毛にするメリットはたくさんあります。

下着や水着選びや面倒なお手入れから解放され、なおかつ生理中も清潔な状態を保てるので、かなり快適に過ごせるようになります。

毛の濃さも自由に選べる

VIOは毛の形だけでなく、毛の濃さも自由にできます。

フロントの毛をスクエアで残したいけど、そのままの濃さで残すと逆に浮いちゃって変になる・・なんて事もあります。
そんなときには、何回か全部脱毛してしまうことで、VIOの毛量自体を減らすことも可能です。

基本的にデリケートゾーンは毛も太く濃い人が多いので、少しくらいは減毛した方が、どんな形にしたとしてもキレイに馴染むことが多いです。

VIOの形を決めるときの3つのポイント

陰毛を全部なくすか、残すかだけでなく、色々な形や毛の濃さがある分、迷ってしまいますよね。
VIOの形を決める3つの基準を確認しておきましょう。

1.手持ちの下着や水着に合わせる

着る予定のある水着や下着に合わせることが、最も実用的な基準となります。

ショーツの上やサイドだけでなく、毛量が多いとショーツの上からでも目立ちます
範囲と毛量、両方が確認できるので、これを基準にエステティシャンに理想的な回数などを相談している人は多いです。

V減毛をするには、最初の数回はVIOライン全体を脱毛する必要があります。
何度か脱毛しておくと剛毛だったVゾーンの毛質も、やわらかく変わります。

2.パートナーや男性目線

女性なら、パートナーや男性の意見も考慮しておきたいですよね。

男性に人気な形は逆三角形です。
自然な逆三角形と小さめの逆三角形の両方とも人気が高いようです。

ただ、なかにはツルツルの無毛の状態が良いという人もいるので、一概には言えません。

ムダ毛があるかないか以前に、清潔にお手入れしていることが大事と言う意見もあります。
パートナーがいる人は、脱毛する前に相談してみても良いかもしれません。

3.無毛は自分のためにする

ツルツルの無毛にしておくと、ムダ毛によるわずらわしさから解放され、衛生面でも快適に過ごせるなどメリットはたくさんあります。
無毛にするまでは時間がかかりますが、効果的な施術ができれば一生もののツルツル肌が手に入れられます。

ただ、一度脱毛を完了したら、元通りに毛が生えてくることはありません。
自分のために納得してVIO脱毛を始めるには、デメリットもしっかり把握しましょう。

新しいパートナーや将来的なこと

将来的にパートナーは変わる可能性があります。
パートナーの意見だけで、無毛にするのは今後後悔するかもしれません。

また、母親になった時に子供に見られて恥ずかしく感じないか、なども想像しておきましょう。

将来VIO処理をしたことで考えられるデメリットをきちんと想像して、自分のためになる脱毛にしましょう。

形を決める際はしっかり確認を!

Vラインを形成し脱毛する際は、消えるペンで印をつけ照射箇所を明確にしてから施術します。
「こんな形選べるの知らなかった…」「思っていた形じゃない!」などのトラブルを未然に防ぐため、施術前にカウンセリングでスタッフの方ときちんと話し合い、確認しておきましょう。
また、クリニックでのレーザー脱毛、エステサロンでの光脱毛のどちらでも、アンダーヘアの施術は他の部位に比べて効果が出にくいと言われています。
どのデザインにするにせよ、最初の数回は毛量を減らすためVライン全体への照射がオススメです。

VIOの形は人それぞれ。自分に合ったものを選びましょう

VIO脱毛をするときに、どこからどこまでをどんな形にして脱毛すべきか紹介をしてきました。

オススメの形なども紹介しましたが、どのような目的でVIO脱毛をするかや、好みのデザインによって、あなたの理想のVIOの形やデザインは変わってきます。

VIO脱毛で形を整えるだけでもデリケートゾーンの肌環境は劇的に改善されます。
また自己処理が楽になり、ムダ毛処理に費やす時間を短縮できるという点においても、メリットは高いでしょう。

しかし、一度脱毛をはじめてしまうと、毛量が少なくなったり、医療レーザーを使った脱毛方法では生えてこなくなることがあります。
そのため、形や量などをよく考えて、脱毛前の自己処理で改めて確認すると良いでしょう。

また、施術時に、形に迷った場合には、脱毛サロンやクリニックの担当者に相談するのもオススメです。
たくさんのVIO脱毛をこなしてきているので、参考になる回答をしてくれるでしょう。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
VIO脱毛が安いのは?おすすめは?口コミ人気ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP