効果バツグンの医療脱毛!おすすめの脱毛クリニックbest3
VIO脱毛ペディア > vio脱毛の豆知識 > 脱毛する人も必要かも!知って損なしVIOの自己処理方法まとめ

脱毛する人も必要かも!知って損なしVIOの自己処理方法まとめ

VIOラインはデリケートな部位です。
だから自分でムダ毛を処理する時に「この方法で大丈夫かな?」と、悩む女性も多いのではないでしょうか。

そして、これは男性には縁遠い話ですし、親しい友だち同士であっても話しづらい話題です。
「アンダーヘアの形どうしてる?」なんて、誰かに聞く機会もなかなかありませんよね。

見えにくいVIOラインのシェービングに苦戦している方もいらっしゃるでしょう。
また、VIO脱毛をする場合でも事前の自己処理が必要になることもあります。

今回はVIOラインの自己処理のポイントやメリット・デメリットなどについて案内していきます。
自分で処理したい人も、将来的に脱毛を考えている人も、VIOの正しい自己処理方法を知っておいて絶対に損はありませんよ。

VIOの正しい自己処理方法とは?

粘膜に近いデリケートなVIOライン。
もちろん処理するなら、クリニックの医療レーザー脱毛、もしくはサロンの光脱毛(フラッシュ脱毛)で永久脱毛するのが一番安心でキレイにできる方法なので、可能ならばそちらを選択するのをオススメします。

では実際に脱毛の事前処理、または脱毛に通っていなく自己処理をしようと思った時に、あなたはどのように行っていますか?
人に相談しにくい箇所だからこそ、自己流で間違った処理をしている危険性があります。

手軽にできるオススメの方法としては、最近出ているビキニラインや顔・デリケートゾーン用や、敏感肌用のシェーバーでの処理
また、VIOを自然に除毛できるヒートカッターという製品もあります
毛抜きや除毛クリームという手もありますが、アンダーヘアに使うのは肌ダメージが心配ですよね。
そこで、今回は「シェーバー」「ヒートカッター」に絞って、安全に処理するための方法をお伝えします。

ライン別の適切なムダ毛処理方法

ここでは、シェーバーを使ったVIOラインの部分ごとのムダ毛処理ポイントについて説明していきます。

処理前後は肌の保湿ケアを

肌が乾いた状態でシェーバーを使うと傷がつきやすくなります
また毛を剃る時に、気を付けていても毛と一緒に肌の角質層まで削れることもあるのです。

だからシェービングの前後には保湿剤を塗布して肌を保護していきましょう。
これはどの処理でも必須です。

Vラインの自己処理方法

まずVライン部分のムダ毛処理のポイントについて説明します。

長い毛を短く整える

シェービングをする前に、剃りたい部分の毛をはさみで短く切っておきます。
こうしておくとシェービングがしやすくなります。

仕上げはシェーバーで

はさみで毛を短くする前処理が終わったらシェーバーで仕上げていきます。
毛の流れに沿って上から下へと剃っていきましょう。

Iラインの自己処理方法

次はIラインです。VラインよりもデリケートなIラインの処理は、粘膜を傷つけないように十分注意して行いましょう。

Iラインを確認しながら処理する

下に鏡を置いて、その上にまたがるような体勢になると、Iラインの後ろ部分も見えやすくなります。
処理の前に目と手触りでムダ毛の位置をよく確認し、はさみで短く切ったあとにシェーバーで剃っていきます。

シェーバーを肌に強く当てないようにする

粘膜に近いIラインのムダ毛を剃る時は、肌に刃を強く当てないように気を付けるのがポイントです。
シェーバーを持っていない方の手で、皮膚を外側に軽く引っ張りながら、刃をやさしく浮かせるようにして慎重に行います。

Oラインの自己処理方法

VIOラインの中でも最も見えづらく、処理をするのが難しいOラインです。
どのような手順で行えばうまくできるのかを見ていきましょう。

体勢を工夫して確認しながら処理

  
Oラインを処理する時も、Iラインの時と同じように鏡を下に置いてその上にまたがるような体勢になると見えやすいです。

中央に近づくほど肛門周りのデリケートな肌となるので、目と手触りでしっかりと確認してから行いましょう。

片手ずつ触ってみて「どのあたりにどれくらいの毛が生えているのか」を把握します。
はさみで長さを短くしたら、顔・デリケートゾーン用のシェーバーで剃っていきます。

ヒップラインに沿って外から内へ

ヒップの外側から内側のカーブラインに沿ってゆっくりと処理していきましょう。
鏡を使っても見えない所は特に傷をつけやすくなりますのであせらず慎重に行ってください。

脱毛前の準備としてシェービングが必要な場合も

脱毛エステサロンやクリニックで施術を申し込むと、多くの店で「脱毛施術を受ける前にシェービングをしてきてください」と言われます。
これはVIOラインに関しても同じです。

こうした時はなるべく剃り残しが出ないように、施術時に2mm以下となっているように整えておくことが必要です。

ダメージが強いと脱毛ができない

脱毛の施術前に必要とされる自己処理をせっかく頑張っても、脱毛部位が傷ついたり赤みを帯びた状態になってしまうと、当日のスタッフの判断で安全のため施術ができなくなることもあります。この点は注意しましょう。

VIO処理ならヒートカッターもオススメ

ヒートカッターは、熱で毛を焼ききるタイプのムダ毛処理機器です。
これ一本でアンダーヘアの処理は劇的に変化します。
あまりメジャーではないですが、VIO処理の際はオススメしたい製品です!

ヒートカッターとは?

ヒートカッターは、金属の電熱線を熱し、毛を焼き切るという仕組みになっています。
電熱線部分の周りがクシ状になっていて、そこに毛を通して焼く様な形です。
処理中に電熱線が皮膚に触れないようガードがあり、安全性はきちんと考慮された作りになっています。
しかし、ガード分の厚みがあり、根本から処理ができないので5mm程度残ってしまいます

自然な処理ができる

ヒートカッターは、熱で毛を溶かして焼いていますので、仕上がりの毛先が尖らないのがメリットです。
ハサミやカミソリでズバッと切ったような、鋭利な状態にはなりません。
処理後、毛先がチクチクするのを抑えてくれるのは、大変ありがたいですよね。
また、ヒートカッターで長さを短くすれば、毛量を自然な形で差っ引けるので、見た目も良くなります。

一点注意したいのは、焼くのでちょっと焦げくさい事ですね。
苦手な方は、換気を十分にしながら処理してください。

購入はWEBから!

ヒートカッターはあまり店頭での取り扱いがない商品のため、購入するならネット通販がオススメ。
「ラヴィア ボディケアシリーズ Vライントリマー」「シルキーケア」 の2種が人気です。
構造がシンプルなので性能に大差はないですが、あなたの好みに合うものを調べてみてください。

注意すべき自己処理方法

VIOラインの自己処理で気を付けておきたいことを以下にまとめました。

抜く、剃る方法は要注意

毛抜きやワックスを使った処理は埋没毛の懸念もありますし、シェービングよりも肌に刺激を与えるので要注意です。
また、剃る時には肌への負担が少ないよう、切れ味のよい清潔な刃を用意しましょう。

家庭用脱毛器で自己処理できる?

顔用電気シェーバーなどの家庭用脱毛器の中にはデリケートゾーンを含む全身のムダ毛に適している機器もあれば、IOラインの脱毛をメーカーが推奨していない機器もあります。

また、VIOは他の部位よりも刺激に敏感な箇所です。
だから機器の出力のレベルを上手にコントロールしながら行う必要があります。

家庭用脱毛器でVIOラインは処理できないとは言い切れませんが、自分からよく見えない部分に照射をするのは非常に難しく、やけどや傷などの肌トラブルも起こしかねません。
安全面を考えると脱毛サロンやクリニックでの施術がおすすめです。

VIOの自己処理のメリット・デメリット

ここでは、VIOラインを自己処理するメリットとデメリットを挙げていきます。
サロンやクリニックでの処理か、自己処理か、検討する際にもぜひ参考にしてみてください。

メリット

まずはメリットから紹介してきましょう。

すぐに自分でできるので急な予定が入っても対応できる

自己処理のメリットは何といっても、すぐに自分でキレイに整えられるという点です。
「水着を着る」、「デートする」などの予定が急に舞い込んできても即座に対応できます。

自分で行うので恥ずかしさが少ない

自己処理は自分のタイミングで誰もいない場所で行えます。
サロンやクリニックで「VIOラインを人に見られるのが恥ずかしい」という方でも自分のペースで処理ができます。

デメリット

一方、デメリットにはどんなものがあるでしょうか。

肌を傷つけるリスクが大きい

体のどの部位でも自己処理のやり方次第で肌を傷つけるリスクがあります。
VIOラインは特に粘膜に近いデリケートゾーンなので十分な注意が必要になります。

自己処理をし続けてもムダ毛は減らないし、黒ずんでくると脱毛しづらくなることも

自己処理をしてもムダ毛はまた生えてきます。
そのため、キレイなラインを保つためには定期的に処理を行わなくてはなりません。

また、自己処理を繰り返し、色素沈着による黒ずみが発生することがあります。
そうなると十分に脱毛効果が得られにくくなることもデメリットになるでしょう。

適切な方法を知って理想のVIOに!

「毛量を少なくしたい」、「水着や下着からはみ出さない長さに整えたい」、「スッキリとツルツルのハイジニーナにしたい」「Vラインをデザイン脱毛して形をキレイにしたい」など、希望するVIOラインのあり方は人それぞれです。

そして、VIOラインは体の中でも特にデリケートな部分です。
注意すべき点やうまくできるコツをつかんでご自身の理想に近いVIOラインへと整えてみてください。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
【脱毛サロン&医療脱毛】総合ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP