効果バツグンの医療脱毛!おすすめの脱毛クリニックbest3
VIO脱毛ペディア > デリケートゾーンの部位 > 【Oライン脱毛の基本ガイド】見えないし恥ずかしいけど絶対やるべき!

【Oライン脱毛の基本ガイド】見えないし恥ずかしいけど絶対やるべき!

「VIO脱毛」「ハイジニーナ」これらのアンダーヘア処理は脱毛エステサロンやクリニックで人気が高くなってきました。
そして、Vライン、IラインにならんでOラインのムダ毛を意識し始めた人も増えています。

VIOのムダ毛の濃さについては個人差があります。

男性でも「ケツ毛が濃くて嫌だ」という人が多いので、「もともと太い毛質だからOラインはずっと大きな悩みだった・・・」なんて方も少なくありません。

ただ、女性で自分のOラインの毛がどんな状態なのか認識できているという方はかなり少ないでしょう。

ですが、プロのエステティシャンとはいえ、他人にOラインを脱毛してもらうのはとても恥ずかしいです。
しかし、その恥ずかしさを耐えてでもOラインを脱毛するメリットがあります!

今回は、Oラインの範囲、脱毛するメリットなど、Oライン脱毛の全てについて紹介していきます。

Oラインは「ヒップ奥」

Oラインとはヒップの奥~肛門周辺の範囲を指します。
普段はなかなか自分ではチェックをしにくい場所です。

Oラインを脱毛するメリットとは?

Oライン脱毛をすると「見た目がよくなる」という面があります。
同時に「デリケートゾーンの汚れ、蒸れ、ニオイ、かゆみなどが軽減される」という衛生面でのメリットが享受できます。
具体的に解説していきましょう。

VIラインとのバランス

Vライン、Iラインはキレイにお手入れをしてあっても、お尻のOラインだけ伸びっぱなしでボサボサでは残念な感じになってしまいます。

Vライン、IラインとそろえるようにOラインも整えれば自然なバランスで美しいVIOラインとなるでしょう。

また、毛が濃い人などはお尻の肛門周りだけでなく、割れ目の上の方まで生えています。
その場合は、水着や下着を着る時にどうしてもはみ出してしまいますし、何より人に見られた時のショックも多いので、絶対に対策をするべきです。

Tバックのショーツなどでもムダ毛がはみ出ない

Tバックのような下着を着る時もOラインの脱毛をしておけばおしりからムダ毛がはみ出す心配がありません。
そうすれば、ムダ毛を気にせず大胆な形の下着や水着にもどんどんチャレンジしていけますよね。

衛生的に保てる

生理時の経血やおりもの、汗、尿、便などの残りが毛に付着することがなくなるので、O周りを清潔に保てます。
気になっていた蒸れやニオイも大きく改善されます。

自己処理ができない箇所

自分では穴周りが見えにくいので、自宅で処理をするのは難しい部分です。
粘膜に近い場所なので、カミソリや電気シェーバーで傷つけてしまうと大きな肌トラブルの原因となる可能性もあります。

ケアにかける料金はかかりますが、皮膚の安全を考えれば、自分から見えにくい部位はサロンのプロの手に委ねることがベストな方法といえるでしょう。

そもそも、痔の場合は脱毛できません

痔を患っている場合、周辺の皮膚に炎症が広がっていたり、過敏になっているのが普通です。
少しでも皮膚に異常のある場合は施術ができないことになっているため、切れ痔、いぼ痔、穴痔…どのような種類、程度であっても脱毛は断られてしまいます。
痔の場合は何より先ず治療に専念しましょう。

Oライン脱毛の体勢と手順

Oラインの脱毛施術時は、上半身の洋服は着たままで、下の洋服と下着類は全部脱ぎ、腰からガウンのようなタオルやブランケットをつけた格好になります。
また、サロンの中にはさらに紙パンツを準備してくれているところもあります。
全身見られるという事はないので安心してくださいね。

そして、ベッドの上でうつぶせや四つん這いになり、足を肩幅まで開いた体勢でスタッフの施術を受けます。
施術が終わったらクールダウンのためのケアをして終了です。

脱毛前のシェービング

VIO脱毛をサロンで申し込むと、多くの場合、「脱毛前に施術箇所のシェービングをしてきて下さい」と言われます。

事前処理のシェービングは「大変だな」と感じる方もいらっしゃると思います。
ただ、脱毛が進めば徐々に毛量も減り自己処理が楽になってきます。
それまでの何回かは時間をかけてやり方を工夫をしながら取り組んでみて下さい。

自己処理方法のポイントは手鏡を下に置き、それをまたぐような体勢になって手触りと目で確認しながら1本1本処理するようにていねいに行うことです。

どうしても自分で手が行き届かなかったところは当日スタッフの方に伝えましょう。

サロンによって体勢が違う

サロンごとにOライン施術時の体制には違いがあります。
紹介したうつぶせや四つん這いのほかにも横向きになって施術を受けるところもあります。

この中で最も恥ずかしさが少なくて済むというおすすめの体勢は「うつぶせ」です。

VIO脱毛を考え中の方は、事前のカウンセリングで「施術時はどんな体勢で行うのか」ということも併せて確認しておくとよいでしょう。

Oライン脱毛体験談

実際に施術を受けた方に、その感想をお聞きしました。

最初は恥ずかしいなと思っていましたが、ほんとあっという間に終わります。 Oラインの範囲って小さいので、10分もすれば終わるんですよ。施術中はスタッフさんが手で私のお尻をグイッと広げている状態なので、端から見たら結構恥ずかしい状態だと思います。最初「うわっ」と思うけど、一瞬だし、エステティシャンの方も淡々としているので恥ずかしさは少なかったです。
スタッフが「痛くないですか?」と様子を見ながら照射してくれます。痛ければ脱毛照射のパワーを調節してくれたりササッと終わらせてくれたり気を使ってくれます。それでもOスポットの付近はピリッとした痛みがありましたが、一瞬なので大丈夫でした。濃い毛が生えている部分は若干チクっとしますが、くすぐったい感じが近かったかな。

気になる恥ずかしさと痛みに関しては、あまり心配する必要がないかもしれませんね。
案ずるより産むが易し!まずは実際に体験してみる事をオススメします。

Oライン脱毛は何回やるべき?

Oラインの施術は何回受けるべきか、それはご自身がどこまでの仕上がりを希望するかによって変わってきます。

「自己処理が楽になる程度」
「ほとんど自己処理をしなくても気にならない程度」
「まるきり毛のないツルツルした状態」

と人それぞれ希望する完成度は異なると思います。

大切なことは事前カウンセリングで自分がどんな完成状態を目指しているのかをはっきりと伝えることです。
そして、そのためにはペース、費用、回数など施術に必要な情報を明確にすることです。

サロンの場合

まず、脱毛サロンで施術を受けた場合の目安の回数です。

4回目から効果実感

脱毛サロンで施術を受け始めると、大体4~5回目で、「自己処理が楽になる」、「毛量が減る」などの脱毛の効果を実感できる方が多いようです。

無毛にするなら18回以上

“ツルツル”な無毛状態を最終目標にするのなら、18回以上の施術回数が目安となります。

クリニックの場合

クリニックの施術では照射効果の高い医療レーザー機器を使用していますので、比較的サロンよりも早い期間で脱毛が完了します。
痛みが強いことがデメリットですが、厭わないという方にはオススメです。

少し残すなら5,6回程度

産毛程度は毛量を残したいという場合は、5,6回程度で十分な人もいます。

無毛にするには9回以上

完全にツルツルにしたい場合は、9回以上脱毛が必要となる場合が多いです。

Oライン脱毛の痛みは我慢できるもの?

脱毛サロンでの光脱毛では“輪ゴムではじかれるくらいの痛みがある”といわれています。
VIOや顔はデリケートな部分であるため体のほかの部位よりも脱毛の際に強く痛みを感じやすいです。
特に粘膜に近い部分は痛いと感じる方が多いでしょう。

我慢できるかできないか、これは個人差のあるものではっきりと断定はできません。
クリニックであれば、痛みが気になる場合は麻酔クリームや痛み止めを処方してくれる店舗もありますので、スタッフに相談してみてください。

脱毛方法によってはあまり痛みが強くないものもあります。
また、痛みがあったとしても途中でやめたいと思わない程度の痛くない施術方法を提供しているサロンもあります。

VIOラインの脱毛を検討中で痛みに弱いという方は、痛みが少ない、あるいは無痛でできる脱毛方法を採用しているサロンを選ぶとストレスを感じることなく続けていけるでしょう。

痛みのない脱毛方式でツルツルに!

痛みを感じやすいVIOラインの脱毛におすすめのサロンは「ミュゼプラチナム」と「ディオーネ」です。

ミュゼプラチナムでは比較的痛みが少ないといわれている「S.S.C.(スムーススキンコントロール)方式」という脱毛法を採用しています。

ディオーネでは3歳の子供でも安心して受けられるほど肌ダメージがなく、無痛で脱毛ができる「ハイパースキン脱毛法」を採用しています。

痛みに弱い方でも痛みのない脱毛方式を採用しているサロンならばツルツルのVIOラインを目指せます。
いずれも施術費用に大差はありませんが、痛みが少ない分照射効力が少なく、結果的に施術期間が多く必要となる傾向にあります。
早さをとるか、痛みをとるか、あなたのタイプに合わせたサロン選びをしてください。

見えない箇所こそプロに任せて完璧に!

Oラインは普段はあまり見えない部分なので必要性を感じにくいですが、下着や水着姿になった時、自分からは見えないけれど周りからは見えるため、毛がはみ出していないかと気になりますよね。
だから水着を着る前などに自己処理をする人は多いと思います。

ただ、そのような必要な時に慌てて自己処理をするよりも、普段からサロンでプロの手による施術をしておけば通年のどんなシーンでも安心です。

サロンでの脱毛なら自己処理よりもムラがなく均一で美しい仕上がりになります。細部まで完璧な美しさを目指す女性には非常に合っている方法といえるでしょう。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
【脱毛サロン&医療脱毛】総合ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP