効果バツグンの医療脱毛!おすすめの脱毛クリニックbest3
VIO脱毛ペディア > デリケートゾーンの部位 > 【Vライン脱毛全プロセス】形や回数、痛みなどリアルな疑問を解消

【Vライン脱毛全プロセス】形や回数、痛みなどリアルな疑問を解消

水着や下着を着た時、「Vライン」のムダ毛が思った以上に目立っていた!
そんな経験はありませんか?

最近は、VIOゾーンの脱毛をプロに任せている女性が増えています。
その理由は、脱毛サロンの施術料金が格安になって来ているからです。
他にも、デリケートゾーンを清潔に保ち、生理やおりもののにおい、かゆみなどの肌トラブルも軽減できるメリットがあると言われているため、人気が高くなっています。

特にVラインのようなデリケートな部分は、自己処理方法が難しいことがあります。
だから、プロの手による確実な脱毛なら安心ですよね。

そんなプロが行うエステサロンの「Vライン脱毛」について解説します。
脱毛サロンに行く前に役立ててくださいね!

Vライン脱毛するとどんな仕上がりになる?

Vラインの脱毛は、皮膚の下にある毛の組織に光を当てていきます。
何回か照射していくと、毛質が変化し毛の量が減って、1本1本が細くなります。

すると、見た目も明らかに薄くなります。
特にアンダーヘアが剛毛な人でも「猫っ毛」のようになるので、印象が大分変わります。

好みでいろいろなデザインに!

サロンならVラインを自分の好きなデザインにすることが可能です。

定番のトライアングルや丸みを帯びたオーバル、全部毛をなくしてしまうハイジニーナなど様々なデザインにできます。また、個性的なデザインとして、ハートやスターなどもできます。

一番人気はナチュラルな逆三角形

Vラインの一番人気の形は、「逆三角形」です。

数あるデザインの中で、一番ナチュラルな形で、“いかにもムダ毛処理しています”という感じがありません。
「初心者」でも挑戦しやすいのでおすすめです。

全体的に薄くしたい時は?

一方、Vラインを全体的に薄くするにはどうすればよいのでしょう?

実は、Vラインを1~2回全照射し、全体を脱毛してしまうのです。
こう聞くとビックリされる方もいらっしゃると思います。

実はVラインの全ての毛を脱毛すると、次に生えてくる毛が薄くなるのです。
これを繰り返すことで、どんどん毛質が変わり「全体的に薄くすること」が可能になります。

もともと毛量が多かったり、毛が太い方には嬉しいですよね。

ただ、照射しすぎると思っていた毛量より少なくなってしまう可能性がありますので、回数に関してはキチンと経過をみて判断してください。

気になる男性のご意見は…

色々な処理方法がありますが、実際に男性からはどのスタイルが人気なのでしょうか。
理想のアンダーヘアについて男性のご意見をお聞きしました。

自分の好きなデザインにすることが1番とは思いますが、 男の意見として多く聞くのは、 「はみ出さない程度の自然な形」。逆三角形型やUライン型などもスタンダードでウケもいいと思います。
あまりボーボーだと、よほど清潔にしていないと、臭いが気になるし、太ももまで毛がしっかりあったりすると、セクシーさに欠けるかな。逆にちゃんとお手入れされていると、愛おしさを感じます!
私は、全て処理されているのが好きです。でも個人的な意見ですが、処理をしっかりしている方が、プレイガール的な印象を与えるかもしれません。ちなみに知人が無毛ですが、銭湯などでガン見されるそうです。

男性によって好みはバラバラみたいですね。彼氏やパートナーがいる方は、一度聞いてみて決めてもいいかもしれません。

Vライン脱毛の疑問を解消!

サロンでのVライン脱毛についてはわからないこともあると思います。
そこで、Vライン脱毛についての気になる疑問をまとめました。
ぜひ参考にしてください。

脱毛前日の準備は?

ミュゼプラチナムなど多くのサロンでは、無料カウンセリングの時に事前処理の時にガイドになるVラインプレートを渡しています。
サロンで脱毛することになったら、そのプレートを使って、前日に毛を自分で処理して準備をする必要があります。

まず、ヒートカッターで全体の長さを「2mm以下」に揃えます。
次に、プレートを当てて、周りのはみ出た所を電気シェーバー(またはカミソリ)で全部剃るというやり方だと、毛先があまりチクチクせずキレイに処理できます。
ヒートカッターと電気シェーバーで丁寧に手入れすることで、脱毛の仕上がりも変わってきます。
無理やり剃ったり、毛抜きを使って処理をすると、黒ずみができ色素沈着を起こしてしまったり、埋没毛を発生させる危険性があるので気をつけてください。

Vライン脱毛の体勢と施術手順

実際にVライン脱毛の施術時は、どんな体勢で行い、どんな流れで行うのでしょうか?
それぞれ見ていきましょう。

どんな格好になる?

店舗によりますが、上半身は服を脱ぐ必要はありません。
下半身の服装のみ、「紙パンツ」や「タオル」を巻いた格好になります。
全身丸見えというわけではないので、それ程恥ずかしい思いをしなくても済みます。

脱毛時の姿勢と手順

脱毛時の姿勢は、「仰向けで横になった状態」です。
そして紙ショーツやタオルを少しずつずらしながら、脱毛する部分だけを出すような形になります。

施術範囲に、「1箇所ずつ毛に光を当ててから、クールダウン」の繰り返していきます。
施術中は、リラックスできるようにサロンスタッフが話しかけてくれます。
だから、恥ずかしさも和らぎますよ。

脱毛回数は何回必要?

脱毛が完了するまでには、どのぐらい通えばいいのでしょうか?
脱毛サロンと医療レーザー脱毛のそれぞれで比較してみましょう。

脱毛サロン

全体的に薄くしたい方は、「6回くらい」です。
ツルツルにしたい方は、「14~16回くらい」を目安にしましょう。
サロンによって通うペースが決まっている所もありますが、期間は2~5年くらいです。

医療レーザー脱毛

レーザー脱毛の場合は、量を減らすというより永久脱毛という位置づけになります。
ツルツルにしたい方は、「6回くらい」を目安にしてください。
こちらもクリニックにより変わってきますが、1年~1年半くらいの期間で毛が生えてこない状態になります。

Vライン脱毛は痛みがあるの?

では、Vラインの脱毛時は痛みがあるのでしょうか?

結論からいうと、サロンでの光脱毛は比較的ですが「痛みは少ない」でしょう。
湘南美容外科などの、クリニックでのレーザー脱毛は、光脱毛より痛いと言われていますが、耐えられない程ではないという体験談が多いです。
しかし、痛みには多少の個人差があります。

もし、痛みに弱かったり、耐えらない方は、機械の出力を調節してくれます。
また、皮膚科医の在籍するクリニックでは麻酔の処置をしてくれるところもあります。
遠慮をせずにスタッフへ相談しましょう。

デリケートゾーンは痛みが出やすい?

サロンでのVライン脱毛は、比較的痛くないと感じる方が多いです。

しかし、デリケートゾーンは他の部位と比べて、皮膚が薄くとても柔軟性があります。
そのため、“ダイレクトに痛みを感じやすい部分”にはなります。

完全無痛の脱毛サロンもある!

体の中で最も脱毛時の痛みを感じやすい、デリケートゾーン。
「もし激痛だったらどうしよう!?」と気になってしまいますよね。

心配な人には、「完全無痛の脱毛サロン」もあります。

こうしたサロンでは毛が生える前の状態の組織に、独自の光を照射します。
そのため、全く痛みがなく施術をできるといいます。
これなら痛みに弱い方も安心ですね!

Vライン脱毛は信頼できる人気サロンを選んで

今では、たくさんの脱毛サロンで受けられるVライン脱毛。
どこのサロンもお手頃価格なのでとても魅力的です。

だから、値段が安いからといって安易には決めず、いくつかの脱毛サロンで「比較検討」することが大切です。
Vライン脱毛するなら「信頼できるサロン」を選ぶようにしてください。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
【脱毛サロン&医療脱毛】総合ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP