VIO脱毛ペディア > デリケートゾーンの黒ずみが気になる…悩みを解消したい!!

デリケートゾーンの黒ずみが気になる…悩みを解消したい!!

VIO脱毛おすすめサロン&クリニックランキング

サロン キャンペーン
全身脱毛の初回無料
詳細はコチラ
300円で【両ワキ&Vライン通い放題】+【2か所脱毛】プレゼント
詳細はコチラ
脱毛ペア割(最大20,000円)
詳細はコチラ
→なんでキレイモが1位?

恋人ができたときや、露出の多い時期は、とくにデリケートゾーンの黒ずみが気になってしまう女性が多いのではないでしょうか。

もともと、デリケートゾーンは黒ずみやすい部分ですが、正しくケアをすれば黒ずみをキレイに改善できます。

今回は、デリケートゾーンが黒ずむ原因と対策方法を解説します。

黒ずみはメラニン色素!生成される原因

黒ずみの原因は、メラニン色素です。

メラニン色素は、外部の刺激から肌を守るために作られます。
とくにデリケートゾーンや乳首、ワキは、メラニン色素が生成されやすい部位といわれています。

メラニン色素は、外部からの刺激で活発に生成されます。
まずは、黒ずみの原因であるメラニンが生成される刺激や要因をチェックしましょう。

摩擦・刺激

デリケートゾーンが黒ずみやすい最大の原因は、摩擦です。
ショーツによる締め付けで、デリケートゾーンは常に摩擦刺激を受けている状態です。

また、清潔にしようとしてデリケートゾーンを強く洗い過ぎてしまったり、トイレットペーパーで拭き過ぎてしまうことも、黒ずみを悪化させる原因となります。

さらに、カミソリや除毛クリームなどを使用した自己処理による刺激が、デリケートゾーンの黒ずみを悪化させている可能性があります。

デリケートゾーンはとくに皮膚が薄くダメージを受けやすい部分のため、ほとんどの人が無意識のうちにデリケートゾーンの黒ずみをまねいているわけです。

乾燥肌で刺激を受けやすくなる

また、乾燥している肌は、バリア機能が低下して、刺激を受けやすくなります。
もともとデリケートゾーンは水分の保持力が弱く、乾燥しやすい部分のため、刺激によるダメージを受けやすいわけです。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると、メラニン色素が活発に生成されます。

ホルモンバランスが乱れる原因 生理・更年期・睡眠不足・無理なダイエット・ストレス・飲酒・喫煙

たばこは女性ホルモンを減らすため、バランスが乱れやすくなります。
アルコールは睡眠の質を下げるため、自律神経を乱してしまいホルモンバランスの乱れに繋がります。

ホルモンバランスの乱れは、メラニンの生成を促すだけではなく、肌の再生機能に悪影響を及ぼすため、黒ずみが悪化しやすくなります。

妊娠時期は黒ずみに要注意!

妊娠中は、ホルモンバランスの乱れにより、メラニンの生成が活発になる時期です。
女性ホルモンが増えて、メラニンを生成するメラサイトが刺激されるためです。

出産に向けて、肌を守るために母体がおこす防衛反応とも考えらます。
もともと黒ずみやすいデリケートゾーン部分は、一段とメラニンの生成が活発におこなわれます。

また、妊娠中はエストロゲンが減り、肌が乾燥しやすくなっています。
刺激を感じやすく、メラニンを生成しやすい時期のため、黒ずみができやすいわけです。

産後は徐々にホルモンバランスが落ち着いてくるものの、黒ずみをケアをする余裕がないママは多く、気づけばさらに黒ずんでいたというケースが考えられます。

できてしまった黒ずみが消えない理由とは

メラニン生成のほかに、黒ずみの原因は肌のターンオーバーが関係しています。
肌のターンオーバーは、「肌の新陳代謝」「肌の再生機能」と呼ばれます。

一般的に肌は、およそ28日前後のサイクルで生まれ変わります。
肌のターンオーバーが乱れると肌の再生サイクルが遅れて、黒ずんだ角質が残ったまま皮膚にメラニンが沈着してしまいます。

ターンオーバーの乱れが、黒ずみがなくならない原因というわけです。
それでは、ターンオーバーが乱れる原因をチェックしましょう。

加齢

年齢を重ねるごとに、ターンオーバーの周期が遅れ始めます。
30代あたりから徐々に周期が伸び始め、50代以降は2~3週間遅れます。

また、肌のターンオーバーに限らず、年齢を重ねると、血行や体そのものの代謝が落ち始めます。
身体が衰えはじめることで、肌が黒ずみやすくなるわけです。

ストレス

ストレスは、ターンオーバーやホルモンバランスを乱す原因です。

また、身体の免疫力が落ちるため、デリケートゾーンのトラブルを感じやすくなります。
免疫力低下で雑菌が繁殖し、かゆみトラブルを起こすことで、つい掻きむしってしまい黒ずみを悪化させるケースが考えられます。

食事

偏った食生活は、ターンオーバーを乱します。
無理なダイエットで十分な栄養がとれなかったり、不規則な食事を続けていると、ターンオーバーがうまく行われず、黒ずみが悪化してしまう恐れがあります。

冷え性

冷え性体質は、血行が悪いことで、肌に栄養が届きづらくなるため、ターンオーバーが乱れる原因です。
肌が栄養不足の状態だと刺激に弱くなるため、黒ずみを作りやすくなります。

黒ずみは体質・遺伝が関係している?

デリケートゾーンの黒ずみは誰にでも起こりうるものとはいえ、体質や遺伝が関係している場合があります。

汗をかきやすかったり、皮脂の分泌が多い人は、黒ずみを作りやすいといわれています。
体質的に汗や皮脂が多い人は、毛穴に老廃物が詰まりやすいためです。

毛穴が詰まった状態で摩擦や刺激を受けると、ブツブツとした黒ずみが目立ちやすくなります。

正しくケアができれば黒ずみは改善できるため、必ずしも汗っかき体質だから黒ずみやすいと考える必要はないでしょう。

また、遺伝的にメラニンを生み出すメラサイト細胞が活発なひとがいるものの、日ごろのケアで黒ずみ対策ができます。

保湿・黒ずみケアできる専用クリーム

日ごろのケアでオススメなのは、デリケートゾーン専用のクリームで保湿・黒ずみのケアをすることです。

乾燥しがちなデリケートゾーンは、刺激によるダメージを受けやすいため、保湿が大切です。

とはいえ、保湿だけでは、すでにある黒ずみをケアできません。
美白成分も含んだ専用クリームが、デリケートゾーンの黒ずみ対策にオススメというわけです。

だったらスキンケア用の美白化粧水でいいのでは?と感じる人もいると思いますが、美白化粧水はアルコールを含んでいるものが多く、デリケートゾーンには刺激が強すぎます。

さらに、殺菌成分が含まれていないため、デリケートゾーンのケアアイテムとして不十分といえます。

専用クリームを選ぶポイント

専用クリームを選ぶポイントは、3つです。

  • 効果が認められた美白成分が含まれている
  • 保湿力が高い
  • 無添加で肌にやさしい

デリケートゾーンの黒ずみケアとして、厚生労働省から効果が認められた美白成分を含む医薬部外品指定のクリームがよいでしょう。
また、デリケートゾーンは乾燥しやすく、刺激を受けやすい部位のため、保湿力に優れ、肌にやさしいクリームがオススメです。

デリケートゾーンにはイビサクリーム

デリケートゾーンの黒ずみケアにオススメな商品は、イビサクリームです。

 

価格 7,000円 → キャンペーン価格4,970円
特徴
  • 医学部外品
  • 8種類の保湿成分配合
  • 無添加
  • 28日間返金保証付き
購入方法 ≫≫公式サイト

美白有効成分である「トラネキサム酸」をはじめ、4種類の美白ケア成分が含まれています。
さらにイビサクリームは、保湿力に優れ、肌にやさしく作られた日本製の商品です。

黒ずみへの効果はもちろん、ベタつきのない使用感や、1本で1ヶ月半~2ヶ月使えるオトク感があり、ユーザーの満足度が高いクリームです。

使用をはじめて2週間で肌に違いを感じたひとや、1ヶ月であきらかに肌が明るくなったという口コミがあります。

28日間の返金保証が付いているので、効果を自分の肌で試せるオススメのクリームといえます。

クリームを塗るタイミングは朝と夜の2回

1日に2回を目安に、清潔にしたデリケートゾーンにクリームを塗ります。
タイミングは、夜のお風呂上りやムダ毛の処理後、出かける前の朝がオススメです。

肌のターンオーバーは就寝時におこなわれるため、清潔になったお風呂上りにクリームを塗っておくと、メラニンの抑制や排除を助けてくれます。
また、お風呂上りは肌の保湿力が落ちているため、クリームで保湿する必要があります。

朝出かける前は、クリームをぬることで保湿され、日中の摩擦刺激から守ってくれます。
自己処理後は肌が敏感になっており、乾燥した状態なので、クリームで保湿ケアしておくと良いです。

クリームはケチらずたっぷりと塗る

手のひらに1円玉サイズでクリームをとり、伸ばしてから、デリケートゾーンに広げていきましょう。

摩擦が起こらないように、やさしく肌に浸透させるのがコツです。
クリームのベタつきが気になる場合は、ティッシュで軽く押さえるとよいでしょう。

トラブルを起こす危険があるため、粘膜部分にクリームがつかないように注意してください。

クリームの効果が出るのは3ヶ月~1年

専用クリームによる黒ずみへの効果が感じられるようになる期間は、3ヶ月~1年ほどです。
即効性があるケア方法ではないため、根気よく継続する必要があります。

薬局・市販のクリームは肌トラブルを感じやすい

薬局や市販で販売されているクリームは肌トラブルを起こしやすく、デリケートゾーンの黒ずみケアとしてオススメできません。

簡単に購入できるメリットがあるものの、専用クリームではないため、デリケートゾーンには刺激が強すぎるデメリットがあります。

また、保湿はできるものの、美白成分が含まれておらず黒ずみのケアができない商品がほとんどです。

黒ずみケアにオススメできない商品一覧

デリケートゾーンの黒ずみケアにオススメではない商品は、以下のとおりです。

ニベアクリーム
  • デリケートゾーンに刺激が強すぎる成分配合
  • メラニン抑制・美白成分が含まれていない
オロナイン
  • デリケートゾーンに刺激が強すぎる成分配合
  • メラニン抑制・美白成分が含まれていない
馬油(ソンバーユ)
  • 黒ずみ予防としては使える
  • 美白成分が配合されていないのでケアに時間がかかる
アットノン 黒ずみは傷とは違うので効果が期待できない
ケシミン 効果は期待できるものの、デリケートゾーンへの使用はトラブルを起こしやすい

ニベアクリームやオロナインは、保湿力に優れているものの、黒ずみをケアできる成分が含まれていません。

馬油は保湿成分のほかに、肌の新陳代謝を高めたり、炎症をおさえる成分が配合されていますが、美白成分を含まないため黒ずみケアには向いていません。

アットノンやケシミンは、傷痕やシミを薄くするためのもので黒ずみ対策とは別物になります。

デリケートゾーンの黒ずみ対策・ケア方法

デリケートゾーンの黒ずみ対策・ケア方法は、ずばり「メラニンの生成をおさえて、ターンオーバーを正常にする」ことです。

メラニンの生成をおさえる
  • 摩擦・刺激を与えない
  • ダメージを受けづらい肌環境を作る
ターンオーバーを整える 生活習慣を見直す

メラニンの生成を抑えるためには、刺激をなるべく与えないほかに、肌そのものが刺激を受けづらい状態にすること、ターンオーバーは生活習慣を改善することで、整えられます。

デリケートゾーンの黒ずみ対策は、外部的なケアに限らず、生活を見直して体の内部から改善していくことが大切というわけです。
それでは、具体的に黒ずみ対策とケア方法をチェックしていきましょう。

食生活を見直す

規則正しい食事を心がけ、栄養バランスを意識しましょう。
とくに、黒ずみのケアとして摂取したい栄養は、以下のとおりです。

働き 摂取できる食材
たんぱく質 細胞の生まれ変わりを助ける 肉類・魚介類・卵・チーズ・牛乳・納豆・豆腐・穀物・野菜・大豆
ビタミンC
  • メラニンの増加をおさえる
  • メラニンを還元する
  • コラーゲン生成で美肌作用
ブロッコリー・みかん・いちご・アセロラ・キウイ・菜の花・さつまいも・ほうれん草
鉄分 酵素を全身に届けて肌を黒ずみから守る レバー・卵・鶏肉・ひじき・かつお・大豆・海苔

たんぱく質や鉄分が含まれる大豆は、イソフラボンを多く含んでいるので、黒ずみ対策だけでなく美白ケアにオススメの食材です。

ビタミンCは水溶性で、尿と排出されてしまう恐れがあるため、一気に摂取せず分けて食べるようにするとよいでしょう。

鉄分は多くの食材に含まれており、自然と摂取できているケースが多いのですが、汗と一緒に失われるため、食事そのものを規則正しくとれるかがポイントです。

サプリメントはあくまで補助的な存在

栄養のサプリメントは、食事の補助的なサポートとして活用しましょう。

サプリはあくまで「食品」のため、それだけで効果が期待できるものではありません。
また、最低4ヶ月は継続する必要があるため、サプリに頼り過ぎて、食事自体がおろそかにならないように注意してください。

下着・衣類を天然素材に

日常的な摩擦の原因であるショーツを見直してみましょう。
オシャレでかわいいショーツは、化学繊維(ポリエステル)のものが多く、肌への摩擦が大きくなりやすいためです。

オススメは、コットンやシルク素材のショーツでサイズがゆったりとしたものです。
ゴムの締め付けが強すぎると、刺激となって黒ずみができやすくなります。

また、水着はUV対策のものがオススメです。
紫外線はメラニンを生成するため、UV加工がされた水着を選ぶとよいでしょう。

デリケートゾーンの正しく洗う

デリケートゾーンは、刺激を与えずやさしく洗う必要があります。
ついゴシゴシと強く洗い過ぎてしまったり、アルカリ性の石鹸でデリケートゾーンに刺激を与えている可能性があります。

専用石鹸を使う

石鹸は、デリケートゾーン専用の商品を選びましょう。
一般的なボディ用石鹸は、洗浄力が高いアルカリ成分で作られています。
アルカリ性の石鹸は、デリケートゾーンへの刺激が強すぎて、トラブルや乾燥の原因です。

デリケートゾーンを安全に洗うために、肌にやさしい弱酸性の専用石鹸がオススメというわけです。
とくに、天然成分で作られたジャムウソープは、デリケートゾーンのトラブルケアにオススメです。

専用石鹸だけで、デリケートゾーンの黒ずみをケアできるわけではありませんが、肌への刺激をおさえられるため、黒ずみを作りづらくします。

泡パックをする

デリケートゾーンの黒ずみ対策として、専用石鹸による泡パックがオススメです。
肌への負担をおさえ、細かな泡が汚れを吸着してくれるため、デリケートゾーンを清潔にしてくれます。

泡の放置時間は2~3分程度にとどめ、人肌のぬるま湯でていねいに洗い流すようにしましょう。

睡眠時間を確保する

十分に睡眠を摂るように心がけましょう。
ターンオーバーは眠っているときに進むため、睡眠不足が続くと肌の新陳代謝が乱れるためです。

どくにゴールデンタイムといわれる午後10時から午前2時は、肌のターンオーバーが活発になる時間帯です。
なるべく夜更かしを避けて、早めの就寝を心がけるとよいでしょう。

適度に運動する

有酸素運動は、肌のターンオーバーによい影響を与えてくれます。
無理のない範囲で、ウォーキングやヨガなど、生活のなかに取り入れてみるのがオススメです。

皮膚科・美容クリニックで治療する

自力での黒ずみケアが難しい場合は、皮膚科や美容クリニックで治療を受ける方法があります。
セルフケアに比べて効果が高いものの、通院や費用が高いデメリットがあります。
なるべく早く黒ずみをなくしたい場合は、治療を検討してみてください。

デリケートゾーンの黒ずみ治療方法は、以下のとおりです。

費用(総額) 治療内容
レーザー治療 5~20万円 レーザーでメラニン色素を破壊する
ケミカルピーリング 10~40万円 古い角質を落として肌の新陳代謝を促す
外用薬 3~5万円(※1ヶ月分) 美白成分のある薬を塗る
手術 25万円 黒ずんだ部分を直接切除する

デリケートゾーンの黒ずみ治療は、保険が適用されないため、費用が高額です。

また、レーザーやケミカルピーリングは5~10回の治療を受ける必要があり、半年以上の通院が必要です。

外用薬に配合されるハイドロキノンやトレチノインは、黒ずみケアとして効果があるいっぽうで、肌への負担が大きく副作用がおこるリスクがあります。
薬の使用でヒリヒリとした痛みを感じたり、白い斑点ができるケースがあります。

手術は、小陰唇縮小手術といって、デリケートゾーンのひだ部分に直接メスをいれて切除することで、黒ずみがなくなる方法です。
とはいえ、小陰唇縮小手術は傷跡が残ったり、形が不自然になったり、後遺症になやまされるリスクが大きいため、オススメできません。

VIO脱毛する

VIO脱毛をすることで、自己処理による刺激をおさえられるため、デリケートゾーンの黒ずみ対策ができます。

完了までに時間がかかるものの費用を安くおさえたいなら脱毛サロン、料金が高くなっても早く効果を感じたいひとは医療脱毛がオススメです。

自己処理のダメージから解放されるとはいえ、脱毛自体も肌への負担がかかるため、アフターケアをおこたると黒ずみができる可能性があります。

黒ずみがあるとVIO脱毛できない?

デリケートゾーンの黒ずみがひどい場合は、VIO脱毛できないケースがあります。
脱毛器は黒い色(メラニン色素)に反応するため、黒ずみがあると肌全体にフラッシュやレーザーが反応してしまい、トラブルにつながる恐れがあるためです。

とくに、出力が高い医療脱毛は、お断りされてしまう可能性が高くなります。

脱毛サロンは出力を下げたり、そもそも肌にやさしい脱毛器を使用していて、黒ずみがあっても施術を受けられるケースがあります。

エステで美白ケアをする

エステのホワイトニングケアは、黒ずみをおさえ、美白な肌に導く効果が期待できます。

肌にビタミンC誘導体をイオン導入したあと、保湿や美容成分がたっぷり配合されたパックでケアをおこないます。

10回の施術で5万円程度と高額ですが、黒ずみケアのほかに、美容目的で利用したいひとはオススメです。

身近なアイテムで黒ずみがケアできる?

さいごに、デリケートゾーンの黒ずみケアができるアイテムを紹介します。

重曹 ピーリング剤・スクラブとして使える
ヨーグルト 上澄み液にピーリング効果がある
ココナッツオイル 保湿と肌の再生を高めるはたらきがある

重曹は、湯舟にいれたり、石鹸の泡に混ぜて洗うことで、黒ずみの除去が期待できます。
いっぽうで、使い方を間違えると重曹の研磨作用によりかえって黒ずみを悪化させる可能性があります。

ヨーグルトのうえに浮かんでいる液に含まれるフルーツ酸は、ピーリング効果と、肌の新陳代謝を整える効果が期待できます。

ココナッツオイルは、保湿効果のほかに、肌の再生を高めるラウリン酸が配合されています。

重曹やヨーグルト、ココナッツは、デリケートゾーンの黒ずみケアができる要素はあるものの即効性はないので、ほかのケア方法と併用して試してみると良いでしょう。

デリケートゾーンのケアで黒ずみは改善できる!

デリケートゾーンの黒ずみについて、原因と対策・ケア方法をみてきましたが、いかがでしたか?

乾燥しやすく、刺激を受けやすいデリケートゾーンは、黒ずみやすい部分です。
さらに、ショーツの締め付けで、常に摩擦刺激を受け続けています。

とはいえ、デリケートゾーンの黒ずみは、メラニンを生成する刺激を減らし、肌のターンオーバーを整えることでキレイにケアできます。
黒ずみの原因を突き止め、正しい対策でキレイなデリケートゾーンを目指してみてください。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
VIO脱毛が安いのは?おすすめは?口コミ人気ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP