効果バツグンの医療脱毛!おすすめの脱毛クリニックbest3
VIO脱毛ペディア > アンダーヘア事情 > デリケートゾーンの黒ずみが気になる…悩みを解消したい!!

デリケートゾーンの黒ずみが気になる…悩みを解消したい!!

デリケートゾーンって自分からはあまり見ないけど気になる部分ではありますよね。
ニオイだったり黒ずみだったり…。

恋人ができたり露出の多い時期になったりすると特に気になってしまいます。
ビキニのラインや下着からちらっとみえる黒ずみは隠したくなります。

この黒ずみってきれいになるの? と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで気になるお悩みを解消するべく、デリケートゾーンの黒ずみについての原因やお手入れ方法などまとめました。

そもそも黒ずみの原因ってなに?

いつのまにか気になるようになったデリケートゾーンの黒ずみはどのようにできるのでしょうか。
大人になればだれでもなることだからと思っていませんか?

実はその原因は日常生活のなかに潜んでいるのです。

黒ずみの原因はメラニン色素にあります。

このメラニン色素は紫外線から肌を守るためにつくられる色素です。
顔や足、手などのよく紫外線を浴びる部分であれば日焼けとして茶色くでてきます。

ではなぜ紫外線を浴びないデリケートゾーンは黒くなるのでしょうか。

デリケートゾーンはメラニン色素が活発!?

デリケートゾーンに潜むメラニン色素は活発に働いています。
さらに皮膚はまぶたよりも薄くできています。
そのため摩擦や刺激によって活性化し黒ずみになってしまうのです。

たとえば、下着や衣服など擦れているだけで黒ずみになってしまいます。

そして下着や衣服は毎日着るもので、毎日肌に触れています。
そのため黒ずみが再生されないまま残ってしまうのです。

カミソリでのムダ毛処理もひとつの原因となります。

そのほか妊娠期には外部からの刺激から肌を守ろうとする働きが強くなり黒ずんだり、年齢により代謝が落ち黒ずみがなかなか消えなかったりします。

周囲からはどう思われているのか心配

やはり黒ずんでいる肌をみられてしまったときにどのように思われているのか気になります。

昔からデリケートゾーンの黒ずみのイメージが“遊んでいる女”としてみられている、かなしい現実があります。
実際はそのようなことがなくても勘違いされてしまうのはとても不快です。

恋人にはそう思われたくない、黒ずみを改善して自信をつけたいと思いますよね。

どうしたら黒ずみはもどるの?

ではなぜ紫外線に当たっている肌はデリケートゾーンのような黒ずみが残りにくいのでしょうか。

それはお肌のターンオーバー(新陳代謝)が関係しています。

通常お肌は28日周期で新しい肌へと生まれ変わります。
この周期が乱れると顔や手足にも、シミやシワができてしまいます。

ただし紫外線を浴びて活発化しているメラニン色素は紫外線を浴びる量が少なくなると活動しなくなるため、新陳代謝がよければ黒ずみまでは残らないのです。

デリケートゾーンもお肌のターンオーバーを正常化

デリケートゾーンも同様に新陳代謝を正常化することによって、メラニンの働きを抑えることができるのです。
でも、紫外線を浴びているわけではないのにどうやって防ぐの? と思っていますよね。

原因にもあるように摩擦や刺激で黒ずみが発生するため、これらを軽減することが重要です。
肌への刺激を少なくしてターンオーバーの周期を28日前後のサイクルに戻すことが黒ずみ改善への近道になります。

自宅でできるお手入れ方法

デリケートゾーンは名前のとおり非常にデリケートな部分です。
お肌を傷つけないように正しい知識で黒ずみ改善を目指しましょう。
ここでは自宅でできる簡単なケアと対策をまとめました。

弱酸性の石鹸でやさしく洗う

デリケートゾーンにはもともと自浄作用がありお肌の清潔を保っています。

ですが、洗浄力の強い石鹸で洗ってしまうとこの作用の働きがおちていまい、炎症やカンジダなどのかゆみやかぶれを引き起こす可能性があります。
かゆくて刺激をあたえてしまったり、ついつい念入りに洗ってしまったりするとかえって黒ずみを悪化させてしまいます。

お肌への刺激を少なくして洗うことが大切です。

そこで重要なのがお肌と同じ弱酸性の石鹸を使うことです。
デリケートゾーン用の石鹸は一番よいのですが、専用石鹸まではちょっと抵抗があるなと思っているなら最低限弱酸性の石鹸にしましょう。

洗い方も重要です。
身体と同じようにナイロンタオルなどで洗ってしまうと刺激が強すぎます。

ポイントは泡で包みこみパックをすることです。

泡だてネットがあればよりきめ細やかな泡をつくることができるので効果的ですが、なければボディタオルもしくは手で泡を作ってください。

作った泡をデリケートゾーンに置き、1分から2分そのままの状態でパックします。
このとき2分以上置いてしまうと刺激になってしまうので気をつけましょう。

最大2分たったら流しましょう。
お湯は体温より少し高いくらいのぬるま湯がおすすめです。
熱いお湯は刺激になりますので避けましょう。

物足りなさを感じる方もいると思いますが、石鹸の泡には汚れを吸着する作用がありますのでこすり洗いしなくても十分きれいになっています。

月経時の不快感が残る場合は、こすり洗いはせずに泡を押すようにして洗浄してください。
押すだけでもすっきりして洗浄力は高まります。

肌を守るには保湿も大切

顔も洗顔後には化粧水や乳液など肌の潤いを保つためにスキンケアをしますよね。
デリケートゾーンも同様に肌の潤いを保つことできれいになっていきます。

乾燥はどの部分においても大敵です。
乾燥により下着や衣服の摩擦、刺激を受けやすくなり黒ずみになりやすくなります。
治りにくくなる前にカバーすることも重要なのです。

では、顔と同じように何種類ものスキンケア商品を使わなければならないのでしょうか?

そのようなことはありません。
デリケートゾーンは保湿だけで十分きれいになります。

保湿のための美容液や乳液はデリケートゾーン専用のものを使用しましょう。
顔用の商品にはアルコールや香料などがはいっていたりと肌への負担がかかります。
また、専用化粧品には黒ずみに効果のあるものが多く、肌を清潔に保つ成分もはいっているのでとてもおすすめです。

顔用商品で無添加のものもありますが、効果は十分に期待できないでしょう。

黒ずみ改善には美容液がおすすめ

黒ずみ対策の商品にはクリームと美容液があります。
対策としては日々のお手入れでクリームを使用してもよいですが、すでに黒ずんでいて改善したい方には美容液がおすすめです。

クリームは保湿成分は高いのですが、美容成分が美容液に比べると低くなっています。
一方美容液は黒ずみに対し、ピンポイントで働きかけるため効率よく結果を出すことができます。

目的に応じてクリームと美容液を使い分けましょう。

ただし保湿剤を使った粘膜へのお手入れは炎症を起こすなどのトラブルにつながるので塗らないようにしてください。

そして塗るときはなるべく刺激の少ないように手のひらで軽く広げ、指の腹でやさしく馴染ませてください。

黒ずみがあっても脱毛はできるの?

黒ずみがあると脱毛はできないと聞いたことはありませんか?

その原因は最近の脱毛方法にあります。

最近の脱毛サロンでは光を使って脱毛します。
その光はムダ毛のもっているメラニン色素に反応しているのです。
そのため、黒ずみによって浮き出たメラニンに反応しお肌の細胞も一緒に壊してしまう可能性があるためです。
では黒ずみがある場合脱毛はあきらめなくてはいけないのでしょうか。

画期的!!最近の脱毛システムで黒ずみもきれいに

せっかくお肌のケアをしているのに、ムダ毛の自己処理で逆戻りしてしまうのはもったいないですよね。

最近の脱毛サロンでは黒ずみのある方にもいろいろな方法で脱毛をしています。
光の照射レベルを下げてお肌に負担のかからないように施術をしたり、メラニンに左右されないものまであります。

さらに最新機器では美白効果のある光で脱毛できるものを搭載し、黒ずみまでケアできるなどいまでは黒ずみがあっても問題なく受けられることがほとんどです。

美容目的で通っているお客様のために黒ずみケア商品を置いているサロンもあるのでチェックしてみるのもよいでしょう。

悩んでいたらやってみよう!

いかがでしょうか?

黒ずみを自宅で解消してきれいなデリケートゾーンでおでかけしてみませんか?

ご紹介した方法は黒ずみだけではなくニオイケアにも効果があります。

脱毛も自己処理をするよりサロンで黒ずみまできれいにしてもらいましょう。

個人差はありますが日々のお手入れがきれいになる近道です。
ぜひ今日から実践して悩みを解消してください。

 VIO脱毛に悩んでいる方へ…おすすめ関連記事
【脱毛サロン&医療脱毛】総合ランキング
お得なキャンペーン情報も掲載中!
毎月変わるキャンペーンなのでお早めに無料カウンセリングへ行ってみてはいかがでしょうか♪

PAGE TOP